国内初の「トラベルテックマップ 2020」公開、厳選した130超のサービスを構造的に可視化

国内初の「トラベルテックマップ 2020」公開、厳選した130超のサービスを構造的に可視化

メトロエンジン株式会社は2019年12月26日、ホテル・旅館向けに客室単価設定ツールやデータ分析ツールを提供するホテル特化型メディア『HotelBank(ホテルバンク)』より、国内初の「トラベルテックマップ 2020」を無料公開した。

『HotelBank』は、「眠っていたデータから新たな付加価値を」というコンセプトのもとにスタートしたメディアだ。同社が保有するホテル・旅館・ゲストハウス・民泊などの宿泊施設ビックデータを活用し、ホテル関係者に価値あるホテルデータを提供している。同メディアでは、日本全国のホテル新設情報やホテル関連サービスの新規導入、海外での最先端のホテル事情、宿泊旅行トレンドなど宿泊施設にかかわる最新のニュースを、独自のホテルデータによる分析とともに日々提供している。

「トラベルテックマップ 2020」は、東京オリンピック・パラリンピックが開催を迎え多くの訪日客が見込まれる2020年を展望し、旅行市場の最新技術による新サービスを構造的に可視化したものだ。

インバウンドとFIT(海外個人旅行)の増加、ダイバーシティ、ミレニアル世代の台頭、高齢化による人手不足とオートメーション化、シェアリングエコノミーとC2C(消費者間取引)など旅行市場における新たなニーズと課題、トレンドの変化を捉えた、最新の技術を活用した新たな着想による新サービスをまとめている。今後の観光業にとって大きな試金石となる2020年の日本の旅行市場において、無数にある新興のトラベルテックの中から更なる活躍が期待される130超のサービスを厳選して抽出した。その内容は以下である。

  • 業界向けサービス(B2B):「予約促進サービス」「ビックデータ分析ツール」「ダイナミックプライシング」「クラウドファンディング」の主要プレーヤーを抽出。
  • ゲスト向けサービス(B2C):「決済サービス」「多言語サービス」「チャットボット」「IoTサービス」「荷物預輸送」「ロボット」「サイネージ」「MaaS」「スマートロック」「スマートホテル」「顔認証」に分類。
  • 消費者間取引(C2C):「メタサーチ」「旅行体験マーケットプレイス」「シェアリング」「マッチング」を類型化。

メトロエンジンは「ホテル事業関係者、旅行業関係者、トラベルテック事業関係者、新規開発への投資家などの皆様が、2020年と今後の技術革新を展望し、自社戦略を俯瞰するための調査検討資料として、お役立ていただくことを期待しております。宜しければぜひご活用ください」と述べている。

同社は2019年11月、国内唯一かつ最新版の「ホテル業界マップ 2020」を無料公開した。「ホテル業界マップ」は毎年公表しており、ホテル事業関係者や宿泊事業への新規参入を検討している人、ホテルや旅館などの宿泊施設に興味がある人のために、ホテル市場の各分野で実績がある企業・サービスをピックアップしてマッピングしている。

いよいよ開催へと向かう2020年東京オリンピック・パラリンピックや、2025年の大阪万博の開催、2020年代半ばに見込まれる統合型リゾート施設(IR)の開業、2027年予定のリニア中央新幹線の開通などに向けて、新設ホテル開発は今後も加速することが見込まれる。「ホテル業界マップ 2020」では、ホテルの人手不足に対応したオートメーション化のサービス提供について新カテゴリーとして「ロボット」を追加した。また、ホテル予約におけるOTAからホテル直接予約へのシフトの流れを捉えた「直接予約促進」サービスを新たにカテゴリーとして加えた。

旅行者のニーズが“モノ消費”から“コト消費”へと変化したことを背景に、2019年は「暮らすように旅する」をコンセプトにしたり、他にはない特別な体験を提供する宿泊施設が増えた。民泊、ホステル、ドミトリー、古民家、“SNS映え”を意識した施設などバラエティー豊かな宿泊施設が相次いで開業し、旅行者にとって選択肢が増えた一年だったとも言えるだろう。さらに、ホテル×賃貸などの「ハイブリッド運用」の施設も増えており、今後の動向に注目が集まる。またOTAでは、最大〇%オフなどお得な価格を提案したり、ダイナミックパッケージ商品を販売するサイトもオープンした。

宿泊施設においては、フロントの無人化やスマートロックの導入、多言語対応サービスの導入などを行い、スタッフの負担軽減とゲストの満足度向上に積極的に取り組んでいた印象だ。加えて、ムスリムに対応したハラールメニューの提供などを行う施設も少しずつ増えている。2018年には訪日外国人旅行者数が過去最高の3,119万人を記録し、2019年・2020年も増加すると予測される。世界各国からの訪日客が安心・快適に過ごせる環境を整え、また日本に来たいと思えるおもてなしを提供することが大切だ。同時に、日本国内の旅行者も満足できるサービスを提供する必要がある。

来たる2020年に向け、旅行者のニーズを捉え業界の変化に対応しなくてはならない。メトロエンジンが公開した「トラベルテックマップ 2020」「ホテル業界マップ 2020」どちらも、多くの企業にとって今後の戦略を立てるのに大いに役立つだろう。

■「HotelBank」公式サイトはこちら
■「トラベルテックマップ 2020」無料ダウンロードはこちら
■「ホテル業界マップ 2020」無料ダウンロードはこちら

【参照記事】
・【日本初】「トラベルテックマップ2020」旅行市場における最新技術活用の新サービスを構造的に可視化
・【国内唯一】ホテル市場の全貌がわかる「ホテル業界マップ 2020」最新ホテル市場のサービスを構造的に可視化

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る