楽天LIFULL STAYとHomeAwayがインバウンド強化策を開始、宿泊施設の選択肢拡大や地域の認知・送客強化に貢献

楽天LIFULL STAYとHomeAwayがインバウンド強化策を開始、宿泊施設の選択肢拡大や地域の認知・送客強化に貢献

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社と世界最大級のバケーションレンタルサイト『HomeAway』が、民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を2019年11月14日より開始した。

具体的なインバウンド強化策としては、楽天LIFULL STAYが運営する日本最大級の宿泊・民泊予約サイト『Vacation STAY』に掲載されている国内宿泊施設が『HomeAway』に供給されるようにすることで、民泊施設や簡易宿所など日本国内のバケーションレンタル施設を『HomeAway』上で予約できるようにした。さらに、HomeAwayはグローバルでの集客力を生かした訪日旅行者へのマーケティングを行い、インバウンドの需要拡大につなげる。在庫の獲得から集客、販売まで両社が協力して行うことで、物件オーナーや訪日旅行客に魅力的なサービスの提供を実現する考えだ。

昨今、日本政府の観光立国に向けた様々な施策の後押しもあり、訪日旅行者によるインバウンド需要が高まっている。訪日旅行者からの多様な宿泊施設供給へのニーズが高まる中、両社は今後、民泊サービスの提供を通じて、訪日旅行者の宿泊施設の選択肢を広げるとともに、地方都市を含めた日本の様々な地域に対する認知拡大と送客強化を目指す。それぞれのネットワークを最大限に生かした多様な宿泊ニーズに応えるサービスを提供することで、インバウンド事業のさらなる拡大と観光立国の推進に貢献していくとしている。

HomeAway株式会社日本支社長の木村奈津子氏は、次のように述べた。「楽天LIFULL STAYのパートナーとして、日本の様々なタイプの魅力的なバケーションレンタル施設を世界中の旅行者へ提供開始できることを嬉しく思います。弊社はグローバルでファミリー&グループ旅行にフォーカスしており、広めのプライベートな空間を楽しんでいただける家主不在型のバケーションレンタル施設を増やす事に注力しています。本連携でこのような旅行者が求める宿泊施設がぐんと増えましたので、楽天LIFULL STAYにとっての新たな客層の取り込みに貢献できると信じております。また、これを機にグローバル販売拠点へ働きかけ、更なる日本への送客強化を目指していきます。」

また、楽天LIFULL STAY代表取締役の太田宗克氏は、次のように述べた。「このたびHomeAwayとの連携を通じて、より多くの日本のバケーションレンタル施設を世界中の旅行者へご提供できることを大変嬉しく思います。訪日旅行客数が増加する中で、HomeAwayが強みとする地方やリゾートを好む旅行者をはじめ、幅広いお客様に家族やグループ旅行でご利用いただけることを期待しています。また、世界各国・地域の旅行者に対してバケーションレンタル施設を軸とした幅広い宿泊施設の選択肢を提供していくとともに、新たな宿泊体験を可能とする施設の開発を通じて、引き続きインバウンド需要のさらなる拡大を図ってまいります。」

楽天LIFULL STAYは2018年7月、ブッキング・ホールディングス傘下のAgodaと民泊事業における業務提携を行った。『Vacation STAY』に掲載している国内の民泊や簡易宿所を、オンライン旅行予約プラットフォーム『agoda』に供給できるようになった。なお、『Vacation STAY』は開設からおよそ1年で登録施設数が12,000件を超えている

また、HomeAwayは2019年6月に株式会社ジーテックおよびセカイエ株式会社と民泊領域において協業を開始した。空き家など個人で所有する不動産の有効活用を促進すべく、民泊運営における収益シミュレーションや民泊免許取得、運営・マーケティング活動をサポートする『民泊JAPAN』を開設した。

さらに両社は、2019年1月に正式に発足した一般社団法人住宅宿泊協会(JAVR)の一員だ。JAVRは住宅宿泊事業、住宅施設等を活用した旅館業、国家戦略特区を用いた民泊、住宅宿泊仲介業、遊休建築物等を利活用した宿泊関連事業、イベント民泊等の関連事業の健全な発展に寄与するため、観光庁と連携し同事業の適正な運営の確保、認知向上および制度環境の整備等に向けた活動に取り組むことを通じて、日本の観光産業の発展に寄与することを目的としている。

この度、日本最大級の宿泊・民泊予約サイト『Vacation STAY』と世界最大級のバケーションレンタルサイト『HomeAway』が組んだことで、日本各地の宿泊施設を知ってもらう機会が増えた。地域活性化にも繋がる取り組みであり、両社のインバウンド強化策は日本の観光立国実現に大きく貢献するだろう

■「Vacation STAY」公式サイトはこちら
■「HomeAway」公式サイトはこちら

【参照記事】
・楽天LIFULL STAYとHomeAway、民泊事業における業務提携に基づくインバウンド強化策を開始
・住宅宿泊事業推進業界団体「住宅宿泊協会」の設立に合意 ブッキング・ドッドコムを含む9社が理事に就任へ
【参照サイト】
一般社団法人 住宅宿泊協会(通称:JAVR)発足

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る