約1000社・2450ブースが出展、ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会「HCJ2019」、2月19日~23日開催

約1000社・2450ブースが出展、ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会「HCJ2019」、2月19日~23日開催

一般社団法人日本能率協会、日本ホテル協会、日本旅館協会、国際観光日本レストラン協会、公益社団法人国際観光施設協会が主催する、ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会「HCJ2019」が、今年も東京ビッグサイト東展示棟で2月19~23日で開催される。

同展は、ヒト・モノ・情報の交流と発信を通じて、サービス産業の活性化に貢献する ホスピタリティとフードサービスの商談専門展。「国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)」「フード・ケータリングショー(CATEREX JAPAN)」「厨房設備機器展(JAPAN FOOD SERVICE EQUIPMENT SHOW)」の3つで構成され、宿泊と外食、中食、給食向けの各産業を対象に国内最大の規模を誇る。なお「HCJ」は、同3展示会の英文名称の頭文字を取った総称だ。

出展企業は、旅館・ホテルや観光施設、厨房・フードサービスなどの飲食部門、給食・中食・弁当のケータリングなどを提供する約1000社、2450ブースを予定。また、インバウンド対応や満足度アップなど、サービス業界のためのヒントとなる100セッション以上のセミナーのほか、日本ホテル協会や日本旅館協会によるセミナーも開催される。

当日は、最新のホテル向け機器・備品だけでなく、生産性向上に寄与するAIやロボットなどの次世代技術製品、訪日外国人の満足度を高めるキャッシュレス関連製品や日本の土産など、最新のホテル・レストラン事情の課題解決につながる製品やサービスが数多く出展される。

会場内には、多様化するさまざまな食習慣を持つ顧客に対応するためのアイテムを集めた「ナチュラルフードプロダクツ」ゾーンや、ロボットやAI、IoTなど次世代技術が集結する「サービス産業向け次世代技術EXPO&キャッシュレスTech」ゾーンも設置。さらに拡張展示スペースでは、インバウンド対応食、土産、インフラ関連の商材を集めた「インバウンドマーケットEXPO2019」が同時開催される。

2018年に訪日外国人は3,000万人を超えるなど、観光立国を掲げた日本のインバウンド需要は着実に伸びている。今後もラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピック、さらには大阪万博など国際的なイベントも控え、ますますニーズが伸びていくことが見込める一方、宿泊業をはじめとするサービス業界に広がる深刻な人手不足も大きな課題だ。

同展へ足を運び、様々な企業や技術を見て触れることで、各企業が抱える課題が少しでも解決できることを期待したい。

■「HCJ2019」公式サイトはこちら

【参照記事】
ホスピタリティとフードサービスの商談専門展示会「HCJ2019」、東京ビッグサイトで2月19~23日開催

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る