【suitebook×あんしんステイIoT】大京穴吹不動産運営の大阪市特区民泊施設に導入開始

【suitebook×あんしんステイIoT】大京穴吹不動産運営の大阪市特区民泊施設に導入開始

株式会社SQUEEZEと楽天コミュニケーションズ株式会社 、大京グループの株式会社大京穴吹不動産は、SQUEEZEの提供する民泊運用管理ツール「suitebook(スイートブック)」と、楽天コミュニケーションズが提供する、安全で効率的な民泊運営を可能とするIoTサービス「あんしんステイIoT」を、大京穴吹不動産が運営する大阪市の特区民泊施設「旅家 京橋 OsakaCastle」(住所:大阪市都島区)」において導入を開始した。

大京穴吹不動産は、既存不動産の資産価値向上を目的として、2017年末に大阪での特区民泊物件の運営を開始し、当初より宿泊事業における多くの実績を有し、業務効率化に関する高度な開発力をもつSQUEEZEと協業しながら、民泊事業の実績を積み上げてきた。

suitebookは、民泊・ホテル・旅館などの宿泊事業者や代行会社、サービスアパートメント運営事業者向けの運用管理システムだ。また、「あんしんステイIoT」は、宿泊事業の運用時に生じる鍵管理、宿泊者名簿作成、チェックイン時の本人確認、宿泊者サポート、チェックアウト、騒音対策などの手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービスだ。

「旅家 京橋 OsakaCastle」にこれらを導入することにより、民泊事業における個人情報管理や稼働状況の確認、タブレットを使った入居者とのコミュニケーション等を一元管理することができる。

三社は、今回の「suitebook」と「あんしんステイIoT」の導入を通じて、宿泊事業における業務効率化・生産性の向上を目指す協力体制を強化し、不動産価値向上のための高品質なサービス開発に取り組んでいくと語っている。

【参照記事】『suitebook』と『あんしんステイIoT』を大京穴吹不動産の大阪特区民泊物件に導入開始
【参照記事】『suitebook』と『あんしんステイIoT』を大阪特区民泊物件に導入開始
【関連ページ】『あんしんステイIoT 』のサービス詳細ページ

(HOTELIER 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る