クラウドリアルティ、SBI証券と顧客紹介に関する業務提携締結。京町家再生プロジェクト募集




クラウドリアルティ、SBI証券と顧客紹介に関する業務提携締結。京町家再生プロジェクト募集

“P2P型の不動産クラウドファンディングサービス”「Crowd Realty」を運営する株式会社クラウドリアルティ(本社:東京都千代田区、代表取締役:鬼頭 武嗣氏)は、証券総合口座数392万口座(2017年6月末時点)を有する株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村 正人氏)と顧客紹介に関する業務提携を締結し、宿泊優待券付きの京町家2号ファンドの募集を開始した。

今回の業務提携では、SBI証券の顧客を対象としてオンライン上でクラウドリアルティの京町家再生に関する第2号プロジェクト「京町家2号ファンド:京都馬町町家」を募集。募集開始から約9時間で、89名の投資家により3,200万円の出資申込を受け、当日中に満額成立となった。また、京町家2号ファンドでは、運用する京町家について、その特徴を出資者が体験し、京町家の良さを拡散することによりリターン向上にも資することを目的とし、優待制度を設けている。

■概要図

京町家2号ファンドは、宿泊施設の稼働率が全国平均と比べても相対的に高い京都府の中でも、随一の観光名所である清水寺等が所在する東山区に立地。宿泊施設の運営は、京都で町家宿泊施設の運営に実績のある株式会社トマルバ(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:芦野 貴大氏)により行われ、プロジェクト終了時には新たな所有者に売却し、売却後も宿泊施設として継続して運営されることを想定している。

【参照記事】
・クラウドリアルティ、 SBI証券と顧客紹介に関する業務提携締結
・クラウドリアルティ、京町家2号ファンドが募集開始から9時間で満額成立
【コーポレートサイト】
株式会社クラウドリアルティ
株式会社トマルバ

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で