USENバナーコンテンツ上部

【ホテルワーク】リモートワーク滞在に特化!ガイアックス社が旅行業参入でホテル予約サイト開設

TABICAなどシェアリングエコノミー事業を展開するガイアックス社が、滞在型リモートワークに特化したホテルワーク予約サイト「Otell」を開設した。
テレワーク環境が整った宿泊施設を、平日4泊5日に特化して貸出す。
コロナ禍で増加する在宅勤務者のストレスと、宿泊事業者の売上不振の解決を目指すという。

Otellの特徴

Otellは、仕事環境の整ったホテル/旅館の平日4泊5日の宿泊検索サイトです

月曜〜金曜の4泊5日を25,000円以内で提供

格安価格で、時間を気にせず、集中できる空間を提供します。ベッドメイキングやタオル交換などは最小限、突然スタッフが部屋に入ることはございません。急な予定などあれば、チェックアウトを早めることも可能です。

Wifi・電源はもちろん快適なデスクチェアも完備

全ての宿泊施設が部屋に安定したWifi/電源/机/椅子などの仕事環境を整えています。またドミトリーではなくプライバシーが保護された個室をご提供します。

都内から2時間以内の施設が充実

移動時間や交通費を抑えて、非日常の空間を楽しみましょう。都会在住の方は、突然都内でご予定が入った場合でも対応することが可能な距離に、ほとんどの宿泊施設がございます。

掲載する宿泊施設は、首都圏近郊でテレワークに集中できる設備を完備する施設に限定。個室やWi-Fi、電源と机、椅子、モニター、デスクライト、テーブルタップが必ず設置されている施設で、同社のヒアリングで多かった都内に2時間以内で移動できる施設でのホテルワークを希望するニーズに対応する。

料金は、平日4泊5日で1万9800円、2万4800円、2万9800円の3プライス制。ホテルの稼働の低い平日に限定することで、低価格の設定を可能にした。宿泊施設には、タオル交換や清掃などのコスト削減ができるメリットがあるという。

なお、現在ガイアックスは旅行業登録を申請中。登録完了までは手数料なしで営業する。また、今後は東京以外にも大阪、名古屋、札幌、福岡にサービスエリアを拡大。21年5月には、より集中と休息に特化したOtellのコンセプトルームも開始する予定だ。こうした取り組みで、2021年末までに会員数延べ10万人、流通総額3億円の事業への成長を目指すとしている。

ガイアックス概要

1999年(平成11年)3月5日に有限会社ガイアックスとして設立され、同年9月、株式会社へ組織変更を行う。
現在はソーシャルメディアとシェアリングエコノミーに注力し、法人向け事業と一般消費者向け事業を主に展開している。また、ソーシャルメディアの浸透によって生まれた社内外のシェアリングエコノミーサービスに投資し、社内事業のカーブアウトおよび社外スタートアップの投資育成に取り組んでいる。

参考:https://otell.jp|https://www.travelvoice.jp/20210317-148378

ホテルワーク予約サイト「Otell」 


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る