【猫旅籠】保護猫をまったり愛でながらテレワークできる、猫と泊まれるホテルが新サービス開始

保護猫カフェ「ネコリパブリック」や、猫助けができるブランド・ショップ「NECOREPA/」、保護猫イベント「ネコ市ネコ座」など保護猫に関わる事業を運営する株式会社ネコリパブリック(本社所在地:岐阜県岐阜市、代表取締役:河瀬麻花)は、ガラス越しにかわいい保護猫たちを愛でながら宿泊できるホテル「ねこ旅籠(はたご)」において、猫を愛でながら完全個室でテレワークができる新サービス「猫旅籠(ねこはたご)ワーク」を開始した。

(画像:猫旅籠(ねこはたご)ワーク

 

癒やしの空間でテレワーク

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため自宅でテレワークをされている方も増えているが、「自宅だと家族がいて集中できない・・」「たまには環境を変えたい・・」そんな方もいるのではないか。猫を眺めながら完全個室で仕事ができる「猫旅籠ワーク」は、昭和の風情あふれるちゃぶ台の貸し出し、フリーWi-Fi、ドリンクバーつき。かわいい猫に癒されながら仕事をすれば、いつもなら思いつかないようなアイデアが浮かぶかもしれない。

保護猫と一緒に泊まれるホテル「ねこ旅籠」の新サービス「猫旅籠ワーク」なら、隣接する昭和の大衆浴場風の保護猫カフェ「ねこ浴場」の16匹のかわいい保護猫たちにガラス越しに癒されながらテレワークが可能。自由気ままな保護猫たちに日ごろの疲れを癒してもらいながら仕事をすることができる。個室で集中して仕事にいそしむ様子を猫たちが覗きにくる、なんていうことも。

入口のふすまを閉めることで完全個室に。お昼寝したい方は枕の貸し出しサービスもある。
畳の個室と相性のよい、昭和の風情あふれるちゃぶ台の貸し出しに、フリーWi-Fi、ドリンクバーつきで5時間3,000円(税別)と価格も良心的。弁当などの持ち込みも可能で、ウーバーイーツや出前を頼むこともできる。
ガラス越しで保護猫を眺めるシステムのため、猫アレルギーの方も安心だ。

 

ねこ旅籠について

ねこ旅籠は、昭和の大衆浴場風の保護猫カフェ「ねこ浴場」の保護猫たちをガラス越しに眺めながら宿泊できる施設ですが、さまざまな理由で家を失った保護猫たちがずっと一緒に暮らせる家族を探すマッチングの場でもある。
お気に入りの保護猫がいたら所定の手続きを経たうえで里親として迎えることもできる。

利用料は保護猫たちの居場所を守るために使われるなど、猫を愛でながら仕事をすることが猫助けにつながる、猫と泊まれるホテルのwithコロナ時代の新サービス「猫旅籠ワーク」。
ねこ旅籠ではこれからも、この世の全ての猫たちに、お腹いっぱいになる幸せと安心して眠れる場所を提供するため、社会の役に立つさまざまな取り組みを行っていく。

※ねこ浴場(保護猫カフェ)のご利用は別料金となります。

<参考URL>
■猫旅籠ワークについて
https://www.neco-republic.jp/information/shop/shop-necorepublic-osaka/8742/
■ねこ旅籠について
https://www.neco-republic.jp/necoyokujo/#hatago
■ねこ浴場について
https://www.neco-republic.jp/necoyokujo/
■ネコリパブリック
https://www.neco-republic.jp/


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」
 

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る