ヤマハ、経営不振の「ヤマハリゾートつま恋」をHMIに譲渡へ

ヤマハ(本社:静岡県掛川市、代表取締役社長:中田卓也氏)が、100%出資子会社のヤマハリゾートが運営を手がける「ヤマハリゾートつま恋」をホテルマネージメントインターナショナル(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:比良竜虎氏、以下HMI) へ譲渡することが分かった。

同施設は日本楽器製造(現ヤマハ)社長の川上源一氏が多角化経営の一環として1974年に建設したもの。宿泊や運動施設、音楽ホールなどを備えた総合リゾートとして開業し75年には吉田拓郎とかぐや姫の徹夜コンサートを開催するなど「フォークソングの聖地」として名をはせたが、老朽化などから経営不振に陥り、2016年12月25日に一般営業を終了している。

ヤマハは掛川市などから施設の一括譲渡や運営の継続、「つま恋」の名称継続などの要望を受けており、複数企業との交渉を進めていた。

HMIは、営業不振に陥った宿泊施設の再生で事業を拡大、過去にはグランドホテル浜松(浜松市)や旧高知新阪急ホテル(高知市)などを手がけてきた。現在は全国50カ所以上でホテルや旅館を経営している。

【参照】
ヤマハ、「つま恋」譲渡へHMIと交渉 年内合意めざす

(HOTELS.Biz 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る