ホテルオークラ東京、2019年9月12日(木)に「The Okura Tokyo」を開業。虎ノ門の新たなランドマークに。

ホテルオークラ東京、2019年9月12日(木)に「The Okura Tokyo」を開業。虎ノ門の新たなランドマークに。

株式会社ホテルオークラ東京(所在地:東京都港区、代表取締役社長:池田 正己)は、2019年9月上旬に開業予定としていた、「The Okura Tokyo」の開業日を2019年9月12日(木)とすることを決定しま。これに伴い、2018年9月3日(月)より一般宴会および婚礼の予約受付を開始する。なお、宿泊およびレストラン予約の受付開始は、2019年4月を予定している。

「The Okura Tokyo」は、オークラ プレステージおよびオークラ ヘリテージの2つのブランドを一体で運営する「Two Brand One Operation」のホテルとして、2棟の建物で構成する。

高層棟である「オークラ プレステージタワー」では、国際都市・東京の躍動感や洗練さに、和のアクセントを取り込んだコンテンポラリー・ラグジュアリーホテルを創造。

東京の眺望を満喫できるように客室を28階以上に配置するとともに、オークラ伝統のレストラン、大規模な国際会議などにも対応できる、都内でも屈指の収容人数を誇る大宴会場も擁するインターナショナルホテルとして運営していくという。

一方、中層棟である「オークラ ヘリテージウイング」では、日本の美のエッセンスで創り込む、唯一無二のラグジュアリーホテルを創造していく。

ホテルオークラグループのトップブランドとなるオークラ ヘリテージの広々とした間取りの客室や、日本の和を表現する日本料理「山里」、茶室「聴松庵」などのホテル施設に絞って建物を構成し、日本の美を継承するホテルとしての独立性を確保するとともに、国内外の賓客の迎賓館ともなるホテルとして運営していく予定だ。

■「The Okura Tokyo」概要
所在地:東京都港区虎ノ門2-10-4
アクセス:東京メトロ「銀座線」虎ノ門駅徒歩10分、南北線「六本木一丁目駅」徒歩15分、日比谷線「神谷町駅」徒歩15分、虎ノ門新駅*(仮称)徒歩5分 ※2020年供用開始予定
開業予定日:2019年9月
構造:オークラ ヘリテージウイング 4階~17階、オークラ プレステージタワー 地下1階~地上41階
敷地面積:20,442.44㎡
延床面積:約180,000㎡
総客室数:オークラ ヘリテージウイング140室(うち スイートルーム7室)、オークラ プレステージタワー368室(うち スイートルーム10室)
付帯施設:オークラ ヘリテージウイング レストラン:2施設、バー:1施設、オークラ プレステージタワー レストラン:3施設、バー:2施設
ほか、宴会場、婚礼施設、クラブラウンジ、フィットネス&スパ、プール 等
公式サイトはこちら

【参照記事】
【ホテルオークラ東京】虎ノ門の新たなランドマーク 開業日決定The Okura Tokyo◆2019年9月12日(木)開業
【コーポレートサイト】
・ホテルオークラ東京
・オークラニッコーホテルズ

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る