HISが展開するロボットホテル「変なホテル東京 浅草橋」が7月13日開業。IoT体験ができるコラボルームに注目。

HISが展開するロボットホテル「変なホテル東京 浅草橋」が7月13日開業。IoT体験ができるコラボルームに注目。

H.I.S.ホテルホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:澤田秀雄)は7月13日、ロボットと最新設備を導入し生産性の向上を目指すホテル「変なホテル東京 浅草橋」を開業する。今ブランドでの開業は都内4拠点目、全国では7拠点目となる。

同ホテルは、JR線・都営浅草線「浅草橋」駅から徒歩2分という駅近で、秋葉原や浅草エリアなど観光地にも至近。また、成田空港・羽田空港からは共に電車で約1時間のアクセスであることから、国内旅行者だけでなく訪日外国人旅行者の利用も見込んでいる。そのため、ビジネス需要が高い浅草橋エリアながら、客室の約65%をツイン・トリプルルームの設定。様々な目的のご旅行を受け入れられる十分な施設となっている。

今回「変なホテル」初の取り組みとして、日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中山亮太郎)とのコラボレーションルームを展開する。客室内にて、IoTガジェットや便利グッズなど「Makuake」発の様々な新しいアイデア製品が試すことができる。

また、ロビーには国内ホテル初となる「バゲッジポート」を設置する。セキュリティを持たせつつ、専用カードをかざすだけで簡単に施解錠できる無料の無人手荷物預かりシステムで、スーツケースのような大きい荷物から手提げバックサイズの小さな荷物まで、自身で一時的に荷物を預けることが可能となる。

客室内の一部には、レイコップ社開発の布団コンディショナー「Futocon(フトコン)」を導入。睡眠時の快眠温度33℃±1℃を起床まで一定に保ち、今までにない「快眠」を実現。同社は「受付のロボットはもちろん機能的な最新設備を客室内に導入し、より楽しく快適な滞在をしていただけるように引き続き、進化・変化し続けるホテルとして邁進してまいります。」とのことだ。

■「変なホテル東京 浅草橋」概要
所在地:東京都台東区浅草橋1-10-5
アクセス:JR線・都営浅草線「浅草橋」駅徒歩2分
客室数:全145室
駐車場:あり(有料) / 客室数:全145室
シングルルーム(12.75~13㎡)宿泊料金1室/10,000円~:12室
ダブルルーム(12.75~13㎡)宿泊料金1室/11,000円~: 42室
ツインルーム(17~19㎡)宿泊料金1室/14,000円~:70室
トリプルルーム(17.25㎡)宿泊料金1室/16,000円~:21室(ユニバーサルルーム1室含む)
公式サイトはこちら

【参照記事】
「変なホテル東京 浅草橋」開業日本最大級クラウドファンディングサービス「Makuake」とのコラボレーションルームを展開
【コーポレートサイト】
H.I.S.ホテルホールディングス
【サービスサイト】
変なホテル
【関連記事】
・HIS、ロボットパラダイスなホテルなど、100軒目指す。体験型観光を好む訪日客ターゲット
HIS運営「変なホテル ラグーナテンボス」8月1日開業。handyの導入も
HIS、「変なホテル」の都市部展開スタート。2018年度までに10施設新設予定

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で