リアテクが大阪・難波に「BON Condo Namba Nipponbashi」オープン、パナソニックの最新家電を導入

リアテクが大阪・難波に「BON Condo Namba Nipponbashi」オープン、パナソニックの最新家電を導入

レジデンシャルホテルなどの運営事業を展開する株式会社REAH Technologies(通称:リアテク)は2019年12月11日、大阪市中央区にて特区民泊制度(国家戦略特別区域法に基づく国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)を活用したレジデンシャルホテル仕様の宿泊施設「BON Condo Namba Nipponbashi」を開業した。

「BON Condo Namba Nipponbashi」は、パナソニック ホームズ不動産株式会社が土地・建物をオーナー様から一括借上げの上、リアテクに転貸するもので、リアテクは開業に至るまでの市場調査および事業性検証、施設コンセプトワークなどを行い、開業後は集客・運営管理を一括で行う。

リアテクは、大阪観光を楽しむ旅行者に「快適なお部屋で旅の疲れを少しでも癒していただきたい」という想いから、大阪を地元とするパナソニック製の家電を利用できる同施設をオープンすることとなった。加えて、同施設は宿泊事業者へ転貸するパナソニックホームズ独自の事業スキーム「インバウンド・リンクシステム®」を採用し、安定経営を提案するという。将来的には賃貸マンションへの転用を可能とする設計にしており、需要変動のリスクにも対応している。

同施設は最新のテクノロジーを活用し、ゲストに“暮らすように旅する”滞在スタイルを提供する当社の独自ブランド『BON(ボン)』シリーズの6棟目となる施設だ。この度の開業により『BON』シリーズのうちレジデンシャルタイプの客室は224ルームとなり、定員は合計で1,000名を超えることとなる。

同施設は大阪メトロ日本橋駅より徒歩2分に位置する。日本橋駅を含む難波エリアは、飲食店やショッピングスポットが多数集まり、道頓堀や黒門市場に隣接しているなど、日本のみならず世界中の旅行客が訪れる活気溢れる街・大阪ミナミの華やかさを肌で感じられることができる。また、ビジネス街からも近く出張の際にも利用しやすい環境にある。

全54室・定員は270名で、すべてグループや家族連れでも利用しやすい最大定員5名の客室を用意した。冷蔵庫・TVなどの大型家電から電気ケトル・ヘアドライヤーに至るまで、パナソニック製の家電を備えている。また、足用マッサージャーやナノケアシリーズといったパナソニック製の最新家電を設置したコンセプトルームを6室設けるほか、宿泊する全てのゲストに身も心も癒やしてもらえるよう、1階ロビーにこれら製品の体験コーナーを設置する。全てのパナソニック製家電は無料で利用できる。

また、無人対応のチェックイン機や物理キー不要のスマートロックの設置、キッチンの設置などにより、安心・快適で新しい形の滞在を提供する。リアテクは「ご利用いただくお客様に少しでも日頃の疲れを癒やしていただき、「BON Condo Namba Nipponbashi」での宿泊体験が、滞在後も忙しい毎日への活力となることを願っています」と述べている。

『BON』シリーズは現在大阪府と京都府で展開している。2019年12月1日には、大阪市北区にて「BON Condo Umeda North(ボンコンド梅田ノース)」 を開業した。この度開業した施設と同じく特区民泊制度を活用したレジデンシャルホテル仕様の宿泊施設で、客室は定員4名と5名の2タイプを計52室、定員234名である。

リアテクは『BON』シリーズ以外の宿泊施設も手掛けている。2019年2月、京都市下京区にて「ホテルモンドンス京都五条」を開業した。法衣など和装生地を手掛ける株式会社安本武司商店の事務所との複合施設となり、客室は4タイプ・定員65名である。周辺には錦市場や清水寺、京都タワーなどがあり、京都観光にも利便性の高い施設だ。

5月には東京都墨田区にて、住宅からホテルへ用途変更した宿泊施設「PLAYSIS ASAKUSA」を開業した。ホテル名の“PLAYSIS”は「PLAY=遊び」と「SISSO=質素」をつなげた言葉で、SISSOで落ち着いた宿泊空間と、日本全国・世界各国から集うゲストで賑わうことを願って散りばめられたPLAYを提供するという想いが込められている。

同施設は浅草エリア・押上エリア・両国エリアの中心に位置し、成田空港や羽田空港にも乗り換えなしでアクセスできる利便性の高い立地だ。建物は3階建てで、客室は全16室・定員86名である。3~6名で宿泊できる客室や、最大8名が宿泊できるキッチン付きの客室など多様なタイプを用意した。

2021年2月には、大阪市高速電気軌道株式会社(大阪メトロ)と連携したレジデンシャルホテルを浪速区にて開業予定だ。特区民泊制度を活用したものであり、全72室・定員266名の予定である。積極的に宿泊施設を展開する同社に今後も注目していきたい。

パナソニック製品を導入した宿泊施設では、JR西日本グループのホテル「ヴィアイン飯田橋後楽園」がある。同施設は美容・リフレ家電を備え、くつろぎながらセルフエステを楽しめるのが特徴だ。また、パナソニック ホームズ株式会社は2019年度に宿泊事業に本格参入すると発表しており、東京都大田区に建設している第一号物件『Vieuno Stay』は2019年12月に竣工予定だ。

■「BON」公式サイトはこちら

【参照記事】
・リアテクが旅行疲れを徹底サポート!パナソニック製家電を使用できるレジデンシャルホテル 「BON Condo Namba Nipponbashi」大阪・難波にオープン
・土地・建物のサブリースによる独自の運営スキーム「インバウンド・リンクシステム」を採用したパナソニック ホームズ初の特区民泊『BON Condo Namba Nipponbashi』が竣工
・“大阪の玄関口”、大阪市北区にBonシリーズ5棟目のレジデンシャルホテル 「BON Condo Umeda North(ボンコンド梅田ノース)」 2019年12月1日オープンのお知らせ
・リアテクが大阪観光活性化に向けてOsaka Metroと連携 特区民泊制度を活用したレジデンシャルホテル 大阪市浪速区に2021年2月オープン
・グループ・家族向けの最新鋭無人型ホテル「PLAYSIS ASAKUSA」東京・浅草にオープン

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る