保護猫カフェ併設ホテル「ねこ浴場&ねこ旅籠」大阪・長堀橋に開業、収益は猫のご飯代や医療費に

保護猫カフェ併設ホテル「ねこ浴場&ねこ旅籠」大阪・長堀橋に開業、収益は猫のご飯代や医療費に

保護猫カフェを全国で7店舗運営する株式会社ネコリパブリックと、「ネコリパ不動産」運営会社のイノーヴ株式会社が共同運営で、保護猫カフェを併設した宿泊施設『ねこ浴場&ねこ旅籠』を2019年12月16日に大阪市にて開業することが分かった。

ネコリパブリックは、2022年2月22日までに日本の行政による猫の殺処分をゼロにすることを目標に、自走型保護猫カフェ「ネコリパブリック」を運営している。「ネコリパブリック」は、地域の保護猫団体と協力して保護された猫の里親探しを行いながら、猫とおしゃれで素敵なライフスタイルを提案し、ビジネスとしても「自走」できることを目指す新しいスタイルの保護猫カフェだ。

また、イノーヴは創業40年の不動産管理会社として、現在およそ6000戸の区分マンションおよび賃貸マンション・アパートの管理を行なっている。同社が運営する「ネコリパ不動産」は、猫と暮らせる不動産を紹介するウェブサイトだ。同サイトを通じて部屋探しをすると、仲介手数料の一部が「ネコリパブリック」の保護猫活動に充てられる。

この度開業する『ねこ浴場&ねこ旅籠』は、宿泊料金が保護猫カフェの運営に充てられる新しいカタチのホテルだ。2016年から保護猫カフェとしてたくさんの人に親しまれ、多くの卒業猫を送り出した大阪心斎橋「ネコビル」は、家賃の値上げにより退去せざるを得なかった。猫と入居できる店舗物件が限られる中、立ち退き期限ギリギリのタイミングで今回の物件と出会ったという。移転に伴い「ネコリパ不動産」を運営するイノーヴと共同で新しい取り組みを模索する中で、「猫に一晩中観察されて眠るホテル」というコンセプトが生まれた。

同施設は大阪メトロ堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅から徒歩2分に位置する。開業する心斎橋〜長堀橋エリアは、日本人観光客およびインバウンド観光客からの宿泊需要が高く、ユニバーサルスタジオジャパンや道頓堀への観光拠点としてホテル・ホステルが多数存在している。同ホテルは観光に出かける拠点にもなり得るほか、宿泊体験そのものにアミューズメント要素を加味し、「どこかに行くために泊まるホテル」ではなく「ホテルそのものが目的地」となる非日常体験を提案する。宿泊料金は1名1泊8,900円(税別)、2時間の猫カフェ入場が可能な金券(3,000円相当)付き。客室は1名用/2名用ドミトリーを用意している。

『ねこ旅籠』には4つの泊まり方がある。1つ目は「猫たちに観察される」。保護猫カフェからガラス1枚向こうはドミトリータイプのホステルとなっており、夜間はお互いのプライバシーのためガラス越しでの交流となる。好奇心旺盛な猫たちがキャットウォークからホテル室内を覗き込み、宿泊客は猫たちの観察対象として一夜を過ごすことができる(ガラスを叩くなど猫を驚かせる行為、フラッシュ撮影は禁止)。

2つ目は「夜行性の猫様に楽しんでいただく」。猫は本来は夜行性のため、日中は見られないような活発さを見せてくれるはずだ。室内からおもちゃを振って目の前まで呼ぶのも、リモコン遠隔操作のおもちゃで猫の興味を引くものも良いだろう。

3つ目は「猫カフェ2時間パスと和の空間を楽しむ」。猫カフェエリアは昭和レトロな銭湯をイメージした内装で、富士山に登頂する猫の姿を写真に収めるのも一興だ。ホテルエリアの壁には、江戸時代の浮世絵師・歌川国芳の猫浮世絵が描かれている。宿泊費用には猫カフェの2時間パスが含まれており、宿泊者は猫カフェエリアが2時間無料で利用できるだけでなく、閉店後や開店前の猫のお世話、お掃除タイムにも猫たちの遊び相手として猫部屋に入ることができる特別待遇がある。

4つ目は「ずっとの家族と出会う」。 カフェにいるのは、みな里親を探している保護猫だ。一泊という長めの滞在時間の中で、気になる猫との相性を確かめることができる。宿泊客を観察していた猫から、逆にスカウトされることもあるかもしれない。

ネコリパブリックは「宿泊料金が保護猫カフェの運営に充てられる、新しいカタチのホテルをぜひ体験してください」と述べている。

一般社団法人ペットフード協会の調査によると、2017年に猫の飼育頭数が犬の飼育数を上回った。2018年10月現在の推計で犬の飼育頭数は約890万頭、猫の飼育頭数は約964万頭となり、猫の人気が高まっていることが分かる。また、行政機関による猫の引き取り・殺処分数は年々減少し、返還・譲渡数は増加傾向にある。愛護団体・ボランティア・保護猫カフェなどの取り組みにより、猫が新しい飼い主を見つけることができるようになってきている。

『ねこ浴場&ねこ旅籠』は、猫に癒される“ねこ浴”を体験できるだけなく、猫と里親をマッチングできる施設だ。加えて、施設の利用料金が猫のご飯代や医療費になるという点も猫の保護に繋がる。人にも猫にも幸せが訪れる施設となってほしい。

■「ねこ浴場&ねこ旅籠」公式サイトはこちら

【参照記事】
本日から予約開始!世界初、ねこ様の観察対象として一夜を明かすホテル!?泊まることで寄付になる保護猫カフェ×ホテル「ねこ浴場&ねこ旅籠」で猫助け。プレオープン無料宿泊体験希望者募集
【参照サイト】
・ネコリパブリック
・ネコリパ不動産
・一般社団法人ペットフード協会|平成30年 全国犬猫飼育実態調査
・犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況

(HOTELIER 編集部)


太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る