アゴーラ・ホスピタリティーズの新ブランド1号店が金沢に開業、20年夏に銀座・21年春に京都でも開業予定

アゴーラ・ホスピタリティーズの新ブランド1号店が金沢に開業、20年夏に銀座・21年春に京都でも開業予定

株式会社アゴーラ・ホスピタリティーズが、『アゴーラ』ブランド第一号店となる「アゴーラ・金沢」を2019年11月1日に開業した。同日、ブランド第2号店を2020年夏に東京・銀座にて1軒、第3号店を2021年春に京都・四条烏丸にて2軒開業することを発表した。

同社は『美しい日本を集めたホテルアライアンス』をビジョンに掲げ、ゲストの期待を超える最高の場所を追求するとともに、地域に貢献できる「街の自慢」となるホテル・旅館の創出を目指している。現在、国内にアライアンスホテルを8軒・客室数961室を持つ。

新ブランド『アゴーラ』は「まちごころにふれる茶邸(さてい)」をコンセプトに、しつらいやサービススタイルに茶の湯の心や考え方を取り入れてゲストを迎えるホテルだ。ホテル内だけでなく、まちでの一期一会が最高のものになるために心を尽くし、様々な工夫・趣向を凝らしている。ブランド第1号店となる「アゴーラ・金沢」は、金沢駅より徒歩約30分、タクシーで約13分に位置する。付帯施設として宿泊者専用ラウンジ、レストラン、フィットネスジム、スパトリートメント、大浴場、ショップ、ランドリーを設けた。

滞在中のゲストが自由に過ごせる「Ichié・Lounge(いちえ・ラウンジ)」は、茶邸の居間として、その時この場所にしかない金沢の人やモノとの一期一会から、金沢という“まち”を深く知る入り口になるラウンジとなっている。茶釜の湯から点てたお抹茶と和菓子を愉しめ、無料のドリンクサービスも提供する。広々とした空間には茶室の円窓を思わせる金沢地図「まちごころマップ」があり、金沢を知り尽くした金沢人やスタッフおすすめの見所が示されている。情報提供だけではなく、ゲストが実際に体験した感動を次のゲストへ繋げていく感動集積案内板として、より深い金沢探訪の手助けとなる。

また、金沢を中心に活躍する新旧の工芸家たちが創作した品々を展示しているという。それらは実際に購入することができ、金沢での滞在が終わった後も長く愛用できる旅の思い出となるものが選定されている。さらに、注目の工芸家による展示会や体験プログラムなどのイベントを開催し、金沢の素晴らしい文化を感じることができる。

客室は200室あり、ツイン・ダブル・コンセプト・ハンディキャップの4タイプ用意した。茶道の心得である和敬清寂(わけいせいじゃく)からそれぞれ名付けられた、金沢らしい華やかさにシンプルさを兼ね備えた落ち着きのある空間となっている。ホテルオリジナルの九谷焼の茶器で茶葉からお茶を淹れることができ、ゆったりと寛げるだろう。

2020年夏に開業予定の第2号店「アゴーラ・銀座」は、東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座」駅より徒歩約2分に位置する。客室は98室・5タイプ用意し最大収容人数は196名となる。付帯施設としてゲストラウンジ、アウトドアラウンジ、インルームスパトリートメントを設ける予定だ。

銀座は、歴史の中で常に先進と最上が集まり進化を続けて来た“まち”だ。この“まち”を愛する“銀座人”たちの誇りと拘りによって、時代とともにその姿を変えながらも銀座らしさを保ち続け、独特の街を作って来た背景に存在するのは、粋という美意識・価値観である。粋な銀座にある先進や伝統、そして銀座に集う人たちとの結びつきの中から、自分自身の中にある「粋な心」を見つけ、粋という美意識を手土産に持ち帰ってもらえるようなホテルを目指すとしている。

2021年春に開業予定の第3号店「アゴーラ・京都四条烏丸北館(仮称)」および「アゴーラ・京都四条烏丸南館(仮称)」は、どちらも阪急京都線「烏丸駅」・京都市営地下鉄「四条駅」から徒歩圏内に位置し、国内外からの多くの観光客が見込まれる。“北館”と“南館”2つの館を1つのホテルと捉え、京都の”まち”と一緒に回遊することを楽しめるホテルとなる。

「アゴーラ・京都四条烏丸北館(仮称)」は客室を80室用意する。 付帯施設としてバー、宿泊ゲストラウンジ、ランドリーを設ける予定だ。また「アゴーラ・京都四条烏丸南館(仮称)」は客室を140室用意する。付帯施設としてレストラン、宿泊ゲストラウンジ、ランドリーを設ける予定だ。

同社は「今後より一層、ビジョンに掲げる「美しい日本」の真髄に触れることのできるホテル・旅館を進化させる活動に取り組んでまいります」と述べている。

『アゴーラ』第1号店が開業した石川県は、北陸新幹線の開業の影響などにより近年観光客数が増加している。2018年の述べ宿泊者数は前年比+4.5%の913万810人だった。外国人述べ宿泊者数は大幅に増加し、同+25.3%の97万3,950人だった。「アゴーラ・金沢」は、お茶を愉しめたり金沢の情報を共有する場もあることから、ゲストは滞在をより充実させることができるだろう。“まち”に触れられ一期一会の特別なおもてなしを提供する『アゴーラ』の、今後の展開に注目していきたい。

■「アゴーラ・金沢」公式サイトはこちら

【参照記事】
・金沢・片町に200室の新ブランドホテル「アゴーラ・金沢」2019年11月1日(金)オープン
・アゴーラ・ホスピタリティーズ 新ブランドホテル「アゴーラ・銀座」2020年夏開業
・株式会社アゴーラ・ホスピタリティーズ 運営業務委託契約締結 ー金沢・銀座に引き続き、京都四条烏丸に新ブランドホテルを2021年春開業予定ー
【参照サイト】
・株式会社アゴーラ・ホスピタリティーズ
・宿泊旅行統計調査(平成30年・年間値(確定値))

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る