ヒルトンが北陸地方初進出「ダブルツリーbyヒルトン富山」2022年の開業を目指す

ヒルトンが北陸地方初進出「ダブルツリーbyヒルトン富山」2022年の開業を目指す

株式会社池田ホテルマネジメントとヒルトンは2019年10月17日、北陸地方でヒルトングループ初のホテルとなる「ダブルツリーbyヒルトン富山」の運営受託契約を締結し、2022年の開業を目指すことを発表した。

池田ホテルマネジメントは、不動産開発や賃貸事業に取り組む池田グループが本事業を推進するために2019年9月に設立した法人である。池田グループでは、国内の観光客はもちろん外国人観光客の需要に応えるため、これまでに大阪府大阪市で5棟のホテルを、奈良県奈良市で1棟のホテルを開発し所有している。現在、新たに大阪府大阪市にてホテル1棟を開発中だ。その他、テナントビルの賃貸業、駐車場事業、解体工事業、リサイクル事業に取り組んでいる。

ヒルトンは世界114ヵ国に約5,900軒(939,000室以上)のホテルと、17のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開している。なかでも『ダブルツリーbyヒルトン』は、世界6大陸で565軒以上(130,000室以上)のホテルを展開している、ヒルトンの中でも急成長中のアップスケール・ホテルブランドだ。ユニークな料飲体験、最新のフィットネス、会議室やイベントスペースを含む最新の施設やサービスを通じて、ゲストに最高の宿泊体験を約束し快適性を提供している。

また、日本においては『コンラッド・ホテルズ&リゾーツ』『ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ』『ダブルツリーbyヒルトン』『キュリオ・コレクションbyヒルトン』の4ブランド・16軒のホテルを展開している。

観光・ビジネス両方で国内外の旅行客の需要が見込まれる中、グローバルホテルチェーンのヒルトンの送客力とグローバルレベルのサービスが評価され、今回の契約締結に至ったという。「ダブルツリーbyヒルトン富山」は、富山駅から徒歩数分の距離に位置する。富山の観光名所である富山城や富山市ガラス美術館など、さまざまな観光スポットへのアクセスに便利な立地だ。客室は全201室用意し、レストラン・バー、フィットネスジム、大浴場、会議室を兼ね備えたホテルとなる。

株式会社池田ホテルマネジメント代表取締役の池田正知氏は、今回の契約締結にあたり次のように述べた。「北陸地方に初となるヒルトンブランドのホテル開発に携わることができ、大変嬉しく思います。富山駅前の新たなシンボルとなるホテルを目指します。そのホテルの運営を国際的ホテルブランドであるヒルトンに委託することで、富山の観光需要を拡大し、また雇用の創出や地元企業との提携により、地域の発展に大いに貢献できるものと確信しています。」

ヒルトン アジア・オーストラレーシア地区開発担当上席副社長のガイ・フィリップス氏は、「私たちは、富山県がビジネスとレジャーの拠点となり、国内外からの旅行客需要の潜在的な可能性があると見ています。そのようなお客様へグローバルレベルのサービスを提供したいと思います」と述べた。

また、ヒルトン 日本・韓国・ミクロネシア地区運営最高責任者であるティモシー・ソーパー氏は、次のように述べた。「現在国内で『ダブルツリーbyヒルトンブランド』のホテルは3軒展開しておりますが、全て沖縄に位置しており、このたび、本州初の『ダブルツリーbyヒルトン』進出となります。富山でも『ダブルツリーbyヒルトン』の特徴である温かいチョコチップクッキーで到着したお客様をお迎えできる日を心待ちにしています。」

2015年に北陸新幹線が開業し首都圏からのアクセスが向上したことや、近年の訪日外国人増加の影響もあり、富山県でも観光客が増加傾向にある。首都圏からの旅行者の約6割は新幹線を利用して富山県を訪れており、外国人宿泊者数は7年連続で増加している。富山県は、2018年3月に策定した2015年度~2019年度の5年間を計画期間とする『新・富山県観光振興戦略プラン』で、述べ宿泊者数を2014年の約349万人から2019年に520万人に、外国人宿泊者数を2015年の20万人から2019年に56万人とする目標を掲げている。

観光庁の調べでは、2018年の富山県の延べ宿泊者数は378万人(前年比ー3.0%)、うち外国人述べ宿泊者数は31万人(同+6.4%)だった。「ダブルツリーbyヒルトン富山」の開業は同プランの計画期間の後となるが、国際的なホテルブランドであるヒルトンの進出が富山県の今後の宿泊客数増加に寄与することを期待したい。

ヒルトンは『キュリオ・コレクションbyヒルトン』の日本初進出となる「旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン」を2018年4月に開業した。同年6月には「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」を開業している。今後は、森トラスト株式会社と共に進めている『沖縄瀬底プロジェクト(仮称)』のホテルを2020年に開業予定のほか、2021年秋に「ヒルトン長崎」、2022年度に「ヒルトン広島」、2023年に「ヒルトン札幌パークホテル」を開業予定だ。

■「ダブルツリーbyヒルトン」公式サイトはこちら

【参照記事】
・「ダブルツリーbyヒルトン富山」が2022年に開業予定
・「ヒルトン長崎」、2021年に開業予定
・「ヒルトン札幌パークホテル」、2023年に開業予定
【参照サイト】
・富山県|新・富山県観光振興戦略プラン
・富山県|平成30年富山県観光客入込数等
・観光庁|宿泊旅行統計調査(平成30年・年間値(確定値))

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る