国内初!eスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪・日本橋に2020年4月開業

国内初!eスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪・日本橋に2020年4月開業

株式会社サンユー都市開発が、大阪・日本橋に国内初となる“eスポーツ特化型ホテル”「e-sports hotel e-ZONe ~電脳空間~」を2020年4月に開業することが分かった。

株式会社オックスコンサルティングが企画し、運営はサンユーグループの株式会社SANTAVELとオックスコンサルティングが担う。一級建築士事務所 株式会社東京オデッセイが設計・デザインを、富士建設工業株式会社が施工を担当したほか、eスポーツ施設の出店やプロチームの発足・運営を手掛けるeスポーツコネクト株式会社が協力している。

ホテルのコンセプトは「泊まれるeスポーツ施設」。オンラインゲームをしていたら、もうあと少しだけゲームをしたいって挑み続けていたら、傍にいつでも寝れる環境がある。そんな、誰もが一度は経験したくなるような環境を提供できる“夢の体験”が可能な宿泊施設だ。eスポーツを初めて体験したり、オフ会を開催したり、大会前の泊りがけの合宿を実施したり、eスポーツを楽しむプレイヤーに至福の体験を用意してくれる施設を自分たちで企画した。

施設は地下鉄堺筋線「恵美須町」駅から徒歩7分、南海本線・高野線「なんば」駅から徒歩9分に位置する。広さは769.10平方メートルで、地下1階から地上8階までの9フロア、24時間営業である。1~3階はゲーミングフロア、4~8階はキャビンフロア(宿泊フロア・94ベッド)、地下1階にはシャワーフロアを常設する。7階には特別ルームフロアを用意し、客室内にハイスペックPCを設置するという。また、施設内には最大71席のハイスペックPCブースが用意されるほか、実況配信用の設備も完備している。

同施設は個人での利用はもちろん、大会やイベントも開催予定だ。eスポーツを存分に楽しむことができ、ユーザー間のコミュニケーションの場となる施設として運営していく考えだ。「本施設を通して様々なイベントや大会を実施し、eスポーツプレイヤーの皆様に活躍の場を提供すると共に、すべてのゲームユーザーの皆様が気軽に集う場を提供することで、日本のeスポーツシーンの発展に努めてまいります」と述べている。

一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)によると、「eスポーツ」という単語が使われ始めたのは2000年頃だという。同年10月には、国際的なeスポーツの大会「WCGC(World Cyber Games Challenge)」が開催された。eスポーツでは海外のゲームだけでなく、日本の格闘ゲームやスマートフォンゲームも人気が高い。大会は国内外で開催され、アマチュアからプロまで多くのプレイヤーが参加している。最近のニュースでは、人気オンライン対戦ゲームの世界大会で16歳のプレイヤーが優勝し300万ドルを獲得したことが話題になった。

総務省の調査によると、2017年のeスポーツの海外市場規模は700.9億円・オーディエンス(視聴者)規模は3億3,500万人だという。2021年には1,765.5億円・5億5,700万人規模になると予測しており、「eスポーツのオリンピック種目への追加が議論される中で、一般的な認知・受容が高まり、伴ってeスポーツ市場は加速度的に成長している」と述べている。

日本においても市場規模が拡大していくことが予測されている。ゲームメディア事業を手掛ける株式会社Gzブレインの調査では、2018年の日本のeスポーツ市場規模は前年比13倍の48.3億円となった。この背景について同社は「日本eスポーツ連合の発足とプロライセンスの発行開始を皮切りに、eスポーツに関する報道が急増、また、各テレビ局によるeスポーツ関連番組の放送開始に伴い、スポンサーシップに関わる収益が拡大しました」と述べている。

また、2019年から2022年までの年間平均成長率は19.1%と予測し、市場規模は2022年には99.37億円に達すると予測している。加えて、日本のeスポーツファン数(試合観戦・動画視聴経験者)は、2019年の382.6万人から2022年には785.5万人に達すると予測している。

人気観光地として知られる大阪府は、2018年の延べ宿泊者数・外国人延べ宿泊者数ともに全国2位だった。そんな大阪に開業する国内初の“eスポーツ特化型ホテル”であり、ハイスペックPCを設置し思う存分ゲームを楽しめる「e-ZONe ~電脳空間~」は、ゲームを愛する世界各国のプレイヤー達が集まる宿泊施設になりそうだ。

■「e-sports hotel e-ZONe ~電脳空間~」公式サイトはこちら

【参照記事】
弊社が企画・運営する、 国内初”eスポーツ特化型ホテル”「e-ZONe ~電脳空間~」が、西のポップカルチャーの聖地「大阪日本橋」に誕生!!!
・2018年日本eスポーツ市場規模は48.3億円と推定 ~Gzブレイン発表~
【参照サイト】
・eスポーツコネクト株式会社
・一般社団法人日本eスポーツ連合|eスポーツとは
・eスポーツ世界大会、米16歳が優勝 賞金3億円
・総務省|eスポーツ産業に関する調査研究
・観光庁|宿泊旅行統計調査(平成30年・年間値(確定値))

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る