JARVIS、新たな出会いを創出するホテル「an/other TOKYO(アナザートウキョー)」を京橋に開業

JARVIS、新たな出会いを創出するホテル「an/other TOKYO(アナザートウキョー)」を京橋に開業

株式会社リミックスポイントの子会社である株式会社ジャービスが、2019年5月12日に東京都中央区京橋にて同社第1号となるホテル「an/other TOKYO(アナザートウキョー)」を開業した。

リミックスポイントは、法律改正・環境変化が見込まれる事業領域に対して、積極的に事業開発・投資を行っている。旅行関連事業の領域では、インバウンド需要が加速していく中、2016年8月10日にジャービスを設立し、旅館業法上認められた方式でのスマートホテルの事業開発、宿泊施設運営、およびブランディング・デザイン等のサービス展開を推進してきた。

「an/other TOKYO」は、銀座線「京橋」駅から徒歩1分、「東京」駅から徒歩8分に位置する。同ホテルは、1つの企業が企画開発・デザイン・設計・運営まで一貫して行う新しいモデルだ。すべてにおいて「an/other=すこしだけ、ちがう。すこしだけ、あたらしい。」をコンセプトとした体験や価値観を提供し、宿泊の場にとどまらず、さまざまな物事の伝達・発信の媒介となるホテルを目指している。建物内のスペースを活用したイベントやワークショップを企画し、新しい人・考え・自分との“an/other”な出会いを創出するという。

10階建ての建物にホテル・レストラン・カフェという異なる空間をミックスし、同一コンセプトで世界観を統一している。テーマカラーは“グレージュ”とし、客室やレストランのインテリア、アメニティ、スタッフのユニフォームまで統一した。客室は全200室あり、コンパートメントを64室、キャビンを136室用意した。

コンパートメントは快適なベッドとデスク、トイレ・バスを備えた通常タイプの部屋だ。テーマカラーの“グレージュ”に、カッパーをアクセントとした落ち着きのあるインテリアとなっている。部屋サイズに合わせてS・M・Lの3タイプの客室を用意した。キャビンは、シャワーブースやトイレなどの水回りが共有となるシングルユースの空間だ。コンパクトながら、包まれるような感覚を大切にした造りとなっている。デスクの有無やキャビンサイズによってS・M・Lの3タイプ/男女フロア別で用意している。

ホテルブランドである『an/other』を冠した洋食レストラン「EAT an/other」と、カフェ「CAFÉ an/other」は、宿泊客以外も利用できる営業形態で同ブランドの認知拡大を図るという。

ホテルのある京橋は、その名のついた橋が架けられた江戸時代から、近代的なビルが立ち並ぶ現在まで、今も昔も多くの人や文化が交わる街だ。そんな街だからこそ、西洋の食文化を日本的に解釈することで生まれた“洋食”に改めて向き合う。レストランで腕を振るうのは、多くの人に愛されつつも歴史を閉じた虎ノ門の名店「レストラン立山」の佐藤修シェフだ。同ホテルのモダンなインテリアの空間で、オーセンティックな洋食をひとひねりして提供する。またテイクアウトメインの気軽なカフェでは、シェフが腕を振るったヘルシーな軽食類を提供する。忙しい仕事の空き時間に、散策にちょっと疲れたときに、気軽に立ち寄って選りすぐりの味わいを楽しめる。

リミックスポイントは同ホテルについて「これらの数の空間を取り揃え、同一コンセプトで運営されるホテルは希少」だとしている。ジャービスのこだわりを詰め込んだ同ホテルをブランドショールームとして位置づけ、訴求していく考えだ。

同ホテルは新幹線や多くの路線が乗り入れる「東京」駅が徒歩圏内で、利便性の高い立地にある。アメニティが揃い、コンパートメントのLタイプには最大3名が宿泊できることから、単身で訪れるビジネス客から友人同士などの観光利用まで、幅広いニーズに応えられるだろう。同ブランドは今後もホテル展開を進め、2020年に東京・麻布、2021年に京都にて開業予定だ。

ジャービスは2017年6月、「スマートホテル」の企画・開発・運営を本格稼働することを発表した。この時点では、2020年までに札幌・東京・大阪・福岡・沖縄を中心に、自社ブランドの施設4棟、外資系ホテルを含む他社ブランドのホテルなどを6棟展開する計画であると発表している。

また2019年2月には、PLEN Robotics株式会社が開発したIoT技術による顔認証の機能をベースとしたAIアシスタント「PLEN Cube」を、「an/other TOKYO」へ導入すると発表した。両社は顧客行動のデータ収集や分析をはじめ、AIやIoT技術による「顔パス」(顔認証)技術によるサービス・システムの構築、サブスクリプション型サービスメニューの開発などを行い、今後展開するホテルへの導入を進めていくとしている。

ホテル展開に加えAIアシスタントの導入にも注力しているジャービスに、これからも注目していきたい。

■「an/other TOKYO(アナザートウキョー)」公式サイトはこちら

【参照記事】
・JARVISホテル「an/other TOKYO(アナザートウキョー)」5月12日グランドオープン
・ジャービスホテル「an/other TOKYO」2019年4月1日宿泊予約開始
・JARVIS第一号ホテル「an/other TOKYO」2019年5月上旬オープン

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る