北海道・支笏湖温泉にプライベートスパ完備の最高級宿『しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座(あおのざ)』が開業

北海道・支笏湖温泉にプライベートスパ完備の最高級宿『しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座(あおのざ)』が開業

鶴雅ホールディングス株式会社が運営する鶴雅観光開発株式会社が、2019年5月1日、北海道千歳市の支笏湖温泉に鶴雅グループ最高級の宿『しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座(あおのざ)』(以下:碧の座)を開業した。

鶴雅グループは道東、サロマ・オホーツク、道央、函館・大沼に13の温泉旅館とブッフェレストランを展開している。いずれも国立・国定公園内の豊かな自然を背景に、それぞれの「地の物語」を届けている。2009年に支笏湖エリアにて『しこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌(みずのうた)』を開業しており、このたび同じ地に『碧の座』を開業した。グループとしては、阿寒湖エリアの『あかん鶴雅別荘 鄙の座(ひなのざ)』、サロマ・オホーツクエリアの『北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート』の客室「古の座」に続く、エグゼクティブクラスの「座」シリーズの中でも最高級の日本旅館となる。

『碧の座』へのアクセスは、札幌から車で約1時間、新千歳空港から車で約40分だ。深い森を抜けると視界が開け“支笏湖ブルー”が広がり、清らかな水は時の流れとともに青・緑・白へと移ろいゲストを魅了する。『碧の座』という名前には「自然の瞬間瞬間の美しさを愛でる場所」という思いが込められており、「碧」はその表情豊かな色彩景観を表現し、「座」は人が集い交流する空間を意味する。

コンセプトは「時を碧でつなぐ」。最大水深363メートルと深く、限りなく透明な水を湛える神秘の湖・支笏湖は“支笏湖ブルー”と称えられ、いにしえの時代から周辺に多くの恵みをもたらしてきた。さらに、日本最北最大の縄文文化遺跡「キウス周提墓群」は、この地に3千余年にも渡って安寧な暮らしがあったことを示している。豊かで美しい自然を、敬愛とともに祖先から受け継いできた北の縄文人たち。その心と形を、支笏湖の象徴とも言える「碧」をテーマに、時代を超えて現代そして未来へとつなぐという。

ロビー空間の8メートルの積層壁は、縄文文化からアイヌ文化、そして現代へとつながる地層の時の流れを象徴している。館内の随所に施されたデザインは、悠久の時に思いを馳せる祈りの文様を表している。北の縄文から受け継がれてきた「地の物語」に、現代の息吹きを吹き込むことが『碧の座』のテーマだ。

客室は全25室あり、全室が支笏湖を望むレイクビューかつ100平方メートルを超えるスイートルームだ。3~4人一緒に入っても余裕の広々としたプライベートスパ(温泉露天風呂とジェットバスの内湯)を完備し、北海道の絶景“支笏湖ブルー”や、湖畔の風不死岳・恵庭岳・樽前山などの雄大な景観を眺められる。

客室タイプはデラックスリゾート(6室)・デラックススカイリゾート(3室)・スイートリゾート(8室)・スイートスカイリゾート(4室)に加え、別棟に別荘感覚で使えるプライバシーを重視したエグゼクティブヴィラ(2室)とエグゼクティブスイートヴィラ(2室)を用意している。エグゼクティブスイートヴィラは、200平方メートル以上の広さを持つメゾネットタイプだ。

施設での食事は、個室もしくは離れの鉄板焼きカウンターで愉しめる。地のものをあまねく吟味し、丹精込めて供する北の国の和食は、素にして贅沢な懐石料理だ。季の素材にひとつひとつ丁寧に向き合うことは、その奥深くに隠れた魅力を引き出すことである。ひとつの食材が万華鏡のように、さまざまな表情をみせる一皿となって“北の季”を啜っていき、北海道の食の歳時記を余すことなく独創的に表現する。

1階にはカルチャーラウンジを設え、本格的な「藍染め」体験ができる。“藍”は最古の染料であり、その色は日本を象徴する色として“ジャパンブルー”とも呼ばれ古くから愛されている。このほか、伝統的なアイヌ民族衣装や和装着物の着付け、大切な想いを届けるレターギャラリーなど、旅の思い出に日本の心を感じられる体験を提供するという。

千歳市の2017年度の観光入込客数は524万500人だった。このうち市街地地区は427万8,500人、支笏湖地区は96万2,000人で、どちらの地区も前年に比べ1%ほど増加している。また外国人宿泊客延数は15万9,023人と、前年度に比べ22.3%も増加した。「千歳市観光振興計画(改定版)」によると、千歳市内に宿泊した理由では、国内客全体・外国人客どちらも「自然が美しい」「温泉がよい」という回答が多かった。

支笏湖をはじめ雄大な自然が目の前に広がるプライベートリゾート『碧の座』。「藍染め」など伝統に触れられる体験ができるのも魅力の一つだ。客室に広々としたスパを備え、こだわり抜いた北海道の食も愉しめることから、リッチで特別な滞在ができるだろう。北海道や支笏湖エリアの魅力を堪能できる高級宿として、多くのゲストが訪れそうだ。

■「しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座」公式サイトはこちら
■「鶴雅グループ」公式サイトはこちら

【参照記事】
最高級のプライベートリゾートが北海道に誕生!鶴雅リゾート「座」シリーズの最高峰『しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座』
【参照サイト】
・ちとせの観光|千歳市観光データ
・平成29年度観光入込客数の状況について(特徴)
・千歳市観光振興計画 (平成28年3月策定)

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る