パナソニック ホームズが宿泊事業に参入、第1号物件『Vieuno Stay(ビューノステイ)』を東京都大田区に建築

パナソニック ホームズが宿泊事業に参入、第1号物件『Vieuno Stay(ビューノステイ)』を東京都大田区に建築

2019年4月25日、パナソニック ホームズ株式会社が2019年度に宿泊事業へ本格参入すると発表した。

工業化住宅最高の9階建てまで建築可能な『Vieuno(ビューノ)』と、宿泊事業の運営サポート体制を組み合わせて提案する『Vieuno Stay(ビューノステイ)』により、2019年度に受注目標棟数13棟・受注金額54億円を目指すとしている。

高まるインバウンド需要の受け皿として、民泊新法などの宿泊事業関連の法令が整備される中、同社は2018年6月に東京・大阪の都市部土地オーナーを中心に、宿泊事業のテストマーケティングを開始していた。当初目標とした2018年度受注棟数の10棟を約9ヶ月で達成するなど、宿泊事業の需要性を確認したことで参入を決定した。2018年度受注案件の中から、2019年4月25日より東京都大田区に第1号物件となる『Vieuno Stay』の建築着工を開始し、2019年12月に竣工予定である。

また同社は、インバウンドの約4.4倍の国内旅行消費額となる日本人の国内旅行動向にも着目し、宿泊施設に対する意識調査を実施した。調査結果から、ホテル利用意向は高いものの、コストの高さや大人数では泊まれないことへの不満が明らかになった。一方、民泊に対してはコストパフォーマンスの良さや大人数で泊まれるメリットを感じつつも、セキュリティや設備への不安・不満が伺えたという。現状、東京都内のホテル1室あたりの宿泊人数は1人~2人が中心で、3人以上で泊まれる部屋数は全体の1.5%と限定的である。

このたび展開する『Vieuno Stay』は、将来的な賃貸への転用も見据え、キッチン・バス・リビングを備えた1LDKプランを中心に、家族が揃って寛げる都市型コンドミニアムの宿泊スタイルと提案する。2020年の東京オリンピックの開催時期には都内で約1.4万室の客室不足が予測される中、工業化住宅の特長である短工期を活かすことでオリンピック前のホテル開業も可能となり、供給不足緩和にもつながるとしている。

『Vieuno Stay』には3つの特長がある。1つ目は、土地オーナーと宿泊事業者をつなぐ独自のサブリーススキーム『インバウンド・リンク®』だ。グループ子会社のパナソニック ホームズ不動産株式会社が、土地オーナーとの間で最大30年間のマスターリースを締結の上、土地・建物を一括借り上げし、貸主となって地域特性に応じた提携の運営事業者へ10年間転貸する。10年後、インバウンド需要の状況をみながら、必要に応じて一般賃貸住宅への用途変更にも対応する。同スキームにより、運営ノウハウや時間のない人でも効果的な宿泊事業での土地活用が可能となる。

2つ目は、宿泊者と建物を守る重量鉄骨ラーメン構造と、美観を保つ光触媒タイルだ。同社は、2015年に重量鉄骨ラーメン構造の事業向け多層階住宅『Vieuno PRO(ビューノ・プロ)』を発売以降、店舗・事務所用途などの非住宅分野での需要増加に対応してきた。『Vieuno Stay』では、工業化住宅最高の9階建てまで建築可能な『Vieuno』の構造技術を持ち、都市部の厳しい建築制限に対して最大限のスペース活用が可能だ。2019年6月には、建築基準法改正による一部建蔽率の緩和も予定されており、さらにゆとりのある客室プランも提案可能だという。

建物外観には光触媒タイル『キラテック®』を採用することで、総タイル張りの上質感に加え、光触媒のセルフクリーニング効果により宿泊施設の美観を保つ。大掛かりな足場を組む塗り替え工事は不要のため、維持管理の手間とコストを省ける。

3つ目は、宿泊者満足度を上げる空間設計力と、パナソニック美容家電を常設する『Be-Lounge®』だ。同社は戸建住宅から賃貸住宅、商業施設まで長年培ってきた設計ノウハウを生かし、地域特性や運営スタイルに応じた空間を提案するという。ユニバーサルデザインや上質空間を演出する照明計画など、上質で心地いい空間をデザインすることに加え、宿泊客の満足度向上に向け客室にセルフエステが楽しめる空間『Be-Lounge®』を常設する。さらに空気の質にもこだわり、『ナノイーX』や『ziaino(ジアイーノ)』などパナソニックの先進設備を採用することで、宿泊者へ“快適な空間”と“豊かな時間”を提供する。

第1号物件の『Vieuno Stay』は5階建てで、部屋数は28室ある。同社が戸建・賃貸住宅や商業施設まで長年培ってきた設計ノウハウを活かすとともに、パナソニックの先進設備を複数採用する。最上階の客室には、パナソニック美容・リフレ家電を備えた『Be-Lounge®』を設ける。『Be-Lounge®』は2018年9月に「ヴィアイン飯田橋後楽園」に導入されているが、同社提案の宿泊施設への導入は今回が初めてだ。また『インバウンド・リンク®』の仕組みにより、提携の運営事業者が運用するという。

同社は「『Vieuno Stay』での宿泊体験を通じ、多くの方にパナソニックが目指す、くらしに寄り添う“快適な空間”“豊かな時間”を体感いただくショウケース的な役割も担えると考えています」と述べている。

『Vieuno Stay』は、1LDKを中心とした都市型コンドミニアムによる宿泊スタイルの提案から、将来を見据えた賃貸住宅への用途変更も対応できることに加え、建物自体の機能性も高い。これから住宅宿泊事業を始めるオーナーにとって、安心できるポイントが多い物件だ。セルフエステが楽しめる『Be-Lounge®』も常設されており、美意識の高い女性からも注目が集まりそうだ。

■「Vieuno Stay」の詳細はこちら

【参照記事】
『Vieuno Stay(ビューノステイ)』で宿泊事業に本格参入
【参照サイト】
独自サブリーススキームで宿泊運営もお任せ!『Vieuno Stay(ビューノステイ)』で宿泊事業に本格参入 家族で寛ぐ新たな宿泊スタイル、都市型コンドミニアムを提案

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る