有名インスタグラマーの世界観をまるごと体験!?『まるごとホテル』が2019年4月に京都でオープン

有名インスタグラマーの世界観をまるごと体験!?『まるごとホテル』が2019年4月に京都でオープン

世界一有名な柴犬“まる”の飼い主である小野慎二郎氏がプロデュースする、世界にひとつだけの“おもてなしアート空間”『まるごとホテル(英語表記:Marugott Hotel)』が、京都市下京区に2019年4月7日にオープンする。ホテルの運営は、Webマーケティングやコンサルティングを中心としたサービスを展開するAishare株式会社が担う。

近年、訪日外国人が急増しており、なかでも京都は国内外より多くの観光客が訪れる古都として人気が高い。その京都に訪れる観光客に、一風変わったインフルエンサーならではの“おもてなし”を発信すべく、Instagramで250万人以上のフォロワーを持つ柴犬“まる”の飼い主である小野慎二郎氏が主体となり『まるごとホテル』のオープンに至った。

まるは、その発信力から2015年11月に三重県の観光大使に就任した。都道府県で犬としての観光大使は国内初である。2016年4月にアメリカの雑誌「Time」によって『最も影響のある動物100』に選出された。まるの影響力の大きさと人気から「スター」「巨柴」「ベスト・ドッグ」「世界一有名な柴犬」と国内外で評されている。

ホテルへのアクセスは「清水五条」駅より徒歩5分、地下鉄「五条」駅から徒歩7分。客室は全5室用意した。“おもてなしアート空間”とは、SNSの世界をそのままに、プロデュースしたアーティストの世界観を現実の世界に表現した空間のことだ。客室の監修には小野氏に加え、ミニチュア写真家・見立て作家の田中達也氏、マルチクリエイターのPantovisco(パントビスコ)氏も参加した。キッチンや冷蔵庫などを置かず非日常のアートな空間を追求し、3名の有名インスタグラマーの世界観をまるごと体験できる。

田中氏は、日常にある物を別の物に見立てたアート「MINIATURE CALENDAR」をインターネット上で発表し続け、国内外から注目を集めている。2017年のNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックや、日本橋高島屋S.C.のオープニングムービーなどを担当しており、2019年には「情熱大陸」に出演した。Instagramのフォロワーは190万人を超えている(2019年4月4日現在)。

田中氏が監修した客室「竹の部屋」は、和をテーマに寿司や田んぼなどをモチーフとしている。ベッドは“玉子のお寿司”で、まるでミニチュアの世界にいるような感覚を味わえる。また「パンの部屋」は、壁やテーブルがパンの装飾だらけ。ベッドやソファは、飾っている作品がそのまま飛び出してきたような感覚になる。サンドウィッチのベッドで、そこに寝る気持ちよさを感じてほしい。

Pantovisco氏はInstagramでの作品投稿が話題となり、フォロワーは46万人を超えている(2019年4月4日現在)。雑誌・WEBにて8本の連載を抱えるほか、三越伊勢丹・KIRIN・アウディ・BEAMSなど、この約3年間で700社以上からのコラボオファーが寄せられているという。広告制作をはじめ、TV・イベント出演、アニメ原作、キャラクター制作など業種や媒体を問わず活躍の場を広げている。2018年には池袋・名古屋・福岡にて大規模な個展を開催した。代表作は「カオス絵日記」「乙女に捧げるレクイエム」「ヘチタケシリーズ」などがあり、作品総数は6000点を超える。

Pantovisco氏が監修した客室「パントビスコの部屋」は、彼の作品が壁や天井をぎっしり埋め尽くしている。お気に入りの作品を見つけるまで眠れなくなるような、遊び心のある客室だ。

まるの飼い主・小野氏が監修した客室「まるの遊び部屋」は、まるが普段遊んでいるような場をイメージしている。芝生の絨毯にまるの犬小屋があり、ふかふかの牧草のような布団の2段ベッドが愛らしい。また「サクラの部屋」にはちゃぶ台が置かれ、畳に布団を敷いて眠る昔ながらの和室となっており、クローゼットや天井から“和のまる”が顔を覗かせる。海外からのゲストにおすすめの客室だ。

ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社が行った調査では、世界中の旅行者の28%・日本の旅行者の18%が「SNS映えする写真が撮れる、魅力的な宿に泊まりたい」と回答している。加えて、世界の旅行者26%・日本の旅行者の17%が「周囲とは一味違う、流行の最先端を行く人としてフォロワーに認識してもらえるよう、個性が際立つ宿に泊まりたい」と回答しており、“SNS映え”を意識する人が多いことが分かる。

3名の有名インスタグラマーが監修し、愛くるしい笑顔のまるやアートが迎えてくれるこのホテルは、“SNS映え”するホテルに違いない。世界中から観光客が訪れる京都でオープンするという点でも、たくさんの人が宿泊しSNSにアップされ、ホテルの魅力がどんどん拡散されていくだろう。

■「まるごとホテル」公式サイトはこちら

【参照記事】
有名インスタグラマーがホテルを監修 Marugott Hotel(まるごとホテル) 2019年4月7日(日)オープン!
【参照サイト】
・“柴犬まる”の飼い主小野慎二郎氏プロデュース「京都府」清水五条駅より徒歩5分のおもてなしアート空間「まるごとホテル」がオープン!1月30日(水)に部屋を一部公開!

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る