プリンスホテル、次世代型宿泊特化ホテル『プリンス スマート イン 熱海』を2020年夏に開業予定

プリンスホテル、次世代型宿泊特化ホテル『プリンス スマート イン 熱海』を2020年夏に開業予定

株式会社プリンスホテルは2019年4月1日、熱海駅より徒歩約3分の伊豆箱根バス熱海営業所跡地において、2020年夏に『プリンス スマート イン 熱海』を開業することを発表した。

「プリンス スマート イン」は、プリンスホテルが新たに展開する宿泊特化型のホテルブランド。予約からチェックイン、チェックアウトまでICT・AIを活用した“スマート”なサービスを提供し、機能的かつ利便性・快適性を追求するホテルである。

“スマート”なサービスを求める20代~30代のビジネス利用客に加え、国内外のレジャー利用客にも手軽に利用できるホテルを目指しており、今後首都圏のほか地方都市、新幹線停車駅や地方空港周辺都市など、同社ホテルが出店していないエリアを軸に中長期で国内100店舗の展開を予定。訪日外国人旅行者やデジタル世代の成長など、時代とともに変化するニーズに合わせ、既存の枠にとらわれないイノベーティブな設備・サービスを通じて、快適な滞在を提供していくという。

このたび開業する『プリンス スマート イン 熱海』は、個人旅行化や若年化の進む熱海において、ブランドコンセプトである“イノベーションを追求する宿泊特化型ホテル“を体現するべく、ICT・AIを活用した最先端のスマートなサービスと、快適で機能的な空間を提供していく。

建物はRC造地上8階建で、ダブルルームとツインルームを中心とした全125室を展開。客室面積は16平米~20平米(標準客室面積18平米)と、ビジネスや少人数旅行に最適な空間を用意している。施設内には他にレストランも併設予定だ。

近年、再び人気の観光地として注目を集める熱海。熱海市は平成25年6月より、「意外と熱海」をコンセプトに3年間の観光プロモーション事業を推進。地域一体となって女性グループやカップル、ファミリーの誘客に注力したことで、2017年度には年間宿泊客数が300万人を超えて5年連続増加。一時期は激減してしまった観光客が徐々に増え、再び活気を取り戻している。

最近では、株式会社東京ドームによる複合型リゾート「ATAMI BAY RESORT KORAKUEN(熱海ベイリゾート後楽園)」が2019年3月に開業するなど、都心からわずか1時間ほどで足を運べる気軽さと、リゾート感を満喫できる熱海は、今後もますます注目が集まるだろう。

■『プリンスホテルズ&リゾーツ』サービスサイトはこちら

【参照記事】
団体から個人へ、新たな需要で注目が集まる熱海に次世代型宿泊特化ホテル「プリンス スマート イン 熱海」を開業
【参照サイト】
・熱海市観光経済課 観光入込客数
・意外と熱海

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る