ビーロット、シリーズ第4弾となる『IMANO(イマノ)OSAKA SHINSAIBASHI HOSTEL』を3月29日に開業

ビーロット、シリーズ第4弾となる『IMANO(イマノ)OSAKA SHINSAIBASHI HOSTEL』を3月29日に開業

不動産金融コンサルティング会社の株式会社ビーロットは2019年3月29日、大阪府大阪市西区北堀江に『IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTEL(イマノ大阪 心斎橋ホステル)』を開業したことを発表した。

同社は「IMANO HOSTEL」シリーズのほか、京都のネストホテル京都四条烏丸、大阪の「maison MILANO(メゾンミラノ)中津」など、数多くの宿泊施設の開発を手がけている企業。このたびオープンするホステルは、同社が手がけるホステルシリーズ「IMANO HOSTEL」の第4弾。関西圏では京都の『IMANO KYOTO KIYOMIZU HOSTEL』に続く簡易宿泊所の開発となる。

同施設は、大阪メトロ四つ橋線「四ツ橋」駅より徒歩3分、御堂筋線「心斎橋」駅より徒歩9分の、トレンドの発信地である堀江エリアに位置。心斎橋・なんば・道頓堀など、大阪を代表する観光地へのアクセスも良好で、旅行者からビシネスまで様々なシーンでの利用が可能だ。

建物は鉄骨造・地上9階建、ドミトリールームのほか、プライベート空間を味わえるツインやダブル、最大6名まで収容可能なグループルームなど、宿泊用途に応じた様々な体験ができる空間を用意している。また、施設内には宿泊者以外の利用も可能な「CAFE& BAR」も併設。宿泊者同士はもちろん、地域の人々との交流の場にも最適だ。

なお、同施設の運営は、「IMANO HOSTEL」シリーズの運営のほか、全国でホテル運営を手がけるABアコモ株式会社が担う。

観光庁が2019年3月29日に発表した『宿泊旅行統計調査』の「都道府県別宿泊施設タイプ別客室稼働率(平成31年1月(第2次速報))」では、大阪府は全体では東京都に次いで2位だったものの、簡易宿所は全国1位の稼働率(55.5%)となった。また、都道府県別外国人延べ宿泊者数(平成31年1月(第2次速報))において、大阪府は約146万人(前年同月比+40.2%)という結果からも、国内外の宿泊ニーズの高さが伺える。

一度に多くの宿泊者を収容できるドミトリータイプがスタンダードだったホステルも、旅行者の宿泊スタイルが多様化する近年は、同施設のように一人旅からグループ、家族連れ、ビジネスまで様々な宿泊者が利用できるホステルが徐々に増えてきている。時代の変化や宿泊者に合わせ、宿泊施設もニーズにあわせた空間を常に提供していくことが、今後も宿泊者に選ばれる鍵となるのだろう。

■『IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTEL』公式サイトはこちら

【参照記事】
株式会社ビーロット IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTEL 竣工・開業のお知らせ
【参照サイト】
・~ IMANOシリーズ第4弾 竣工・開業のご報告 ~ IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTEL
・宿泊旅行統計調査(平成31年1月・第2次速報、平成31年2月・第1次速報)

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る