宿場JAPAN、新ブランド「宿場ホテル」と共に3つのブランド・ラインを立ち上げ

宿場JAPAN、新ブランド「宿場ホテル」と共に3つのブランド・ラインを立ち上げ

東京都品川区を中心に宿泊施設を運営する株式会社宿場JAPANは2019年3月4日、開業10年目を機に、直営の4店舗及び暖簾分けの2店舗を総括した宿ブランド「宿場ホテル」を立ち上げたことを発表した。また、「宿場ホテル」ブランドの中に、【The】【Kago】【Shukuba Guest House】の3つのブランド・ラインを併せて立ち上げる。

同社は2009年の「ゲストハウス品川宿」オープンを皮切りに、東京都品川区を中心にゲストハウスや一軒家ホテル等の外国人向け宿泊施設を数施設運営している。このたびの新ブランドおよびブランド・ライン立ち上げにより、現在運営する宿泊施設は全て「宿場ホテル」を冠する宿泊施設として展開される。

「宿場ホテル」とは、「小さくも個性的で、街と共に特別なおもてなしをするホテル」と定義付けし、街をひとつの宿に見立て、街のサービス(飲食店、雑貨屋、銭湯等)を活用すると共に、エリアの価値も高めていくことを目的としている。

【The】ブランド

宿場ホテルのスイートルームブランド。一軒家貸切タイプで、サービスも設備も特別なものを追求している。【The】という名前には、「小さくも個性的で、街とともに特別なおもてなしをする」という価値観を体現し、”これこそまさに” 宿場ホテルを象徴する宿だという意味が込められている。

※対象ホテル:Bamba Hotel(東京都品川区)、Araiya(東京都港区)

【Kago】ブランド

宿場ホテルのセミスイートルームブランド。マンションの一室を客室にしたアパルトマンタイプで、長期滞在にも適している。【Kago】の名前は、江戸時代の「駕籠屋」という言葉が由来。江戸時代の駕籠屋は決して広くはないスペースだが、人の力で快適を提供するちょっと贅沢な移動手段だった。【Kago】でも、カジュアルな空間と機能性の高い設備とコンシェルジュのサービスで、小さくもちょっと贅沢な滞在時間を提供する。

※対象ホテル:Kago #34(東京都品川区)

【Shukuba Guest House】ブランド

宿場ホテルのゲストハウスブランド。宿場ホテルのゲストハウスは「人」と「人」、「人」と「街」をつなぐことを最も大事にし、新しい素敵な人との出会い、街との出会いを提供していく。

※対象ゲストハウス:ゲストハウス品川宿(東京都品川区)、ゲストハウス蔵(長野県須坂市)、Kobe Guest House MAYA(兵庫県神戸市)

*

同社は、これまで宿運営を通して築いてきたノウハウと人脈を活かし、品川宿エリアで「宿泊業を通した近隣商店街活性化」と、「宿泊のプロ人材の育成」をより一層推進し、世界の現代の宿場町、品川宿をつくっていくという。

観光庁が2月28日に発表した「宿泊旅行統計調査(平成30年・年間値(速報値))」によると、全体の延べ宿泊者数は5億902万人泊で、うち外国人延べ宿泊者数は8,859万人泊(前年比+11.2%)と、調査開始以来の最高値となった。客室稼働率において、東京都は全体の稼働率が80.3%と全国で最も高く、ビジネスホテル84.8% 、旅館57.5 %も全国で最も高い値という結果となった。

「モノ消費」から「コト消費」へ、そして都心部から地方へとインバウンドニーズは日々変化しているが、依然として全国トップクラスの宿泊者数を誇る東京都。同社ブランドでの宿泊を機に訪日観光客は、日本、そして品川宿エリアならではの「人と人」や「人と街」とのつながりを体験できるだろう。今後も同社の活躍より、地域と人が力を合わせ様々な街が盛り上がっていくことを期待したい。

■「宿場ホテル」公式サイトはこちら
■「株式会社宿場JAPAN」コーポレートサイトはこちら

【参照記事】
新ブランド「宿場ホテル」立ち上げのお知らせ
【参照サイト】
宿泊旅行統計調査(平成30年・年間値(速報値))

(HOTELIER編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る