良品計画、銀座に世界旗艦店「無印良品 銀座」ほか、「MUJI Diner」「MUJI HOTEL GINZA」を4月同時オープン

株式会社良品計画は2019年2月28日、世界旗艦店である「無印良品 銀座」、およびレストラン「MUJI Diner」「MUJI HOTEL GINZA」を2019年4月4日(木)にオープンすることを発表した。建物は、株式会社読売新聞東京本社と三井不動産株式会社が東京都中央区・銀座3丁目に開発し同日竣工した読売並木通りビル。ホテルの企画・内装設計、運営はUDS株式会社が手がける。

同社が展開する「無印良品」は、「人と人」「人と自然」「人と社会」のより良い関係をつくるプラットフォームでありたいと考えている。このたびオープンする世界旗艦店は、銀座の地に世界中から訪れる人や銀座界隈ではたらき生活を営む人、そこで販売する商品を生み出す生産者など、この店舗に関わる人たちがそれぞれに想いを馳せたり、実際に出会い、繋がりが生まれる場となることを目指す。

そのため、生活者の視点で、くらしの基本として本当に必要な商品と本当に必要なサービスを揃え、日本初となる「MUJI HOTEL GINZA」および「MUJI Diner」とともに、銀座から世界中に無印良品の考える「感じ良いくらし」を発信していく。

「無印良品 銀座」では、1階に青果や食品、2~4階には服飾や文房具、化粧品、5階は収納やインテリアなど、誰もが必要とする日々の日用品を中心に売場を展開する。全118席を設けた地下1階の「MUJI Diner」では、カラダにやさしく、食べて美味しい「素の食」を、ゆったりとした空間で提供することで、食の大切さ・楽しさを伝える。

そして日本初となる「MUJI HOTEL GINZA」は、6階にフロント、7~10階に客室とレストランを併設。全79室の客室は、13.62㎡~51.62㎡と家族やグループ旅行、ビジネス利用など、様々な宿泊スタイルに合わせた空間を用意。なお、宿泊予約開始は2019年3月中旬~。

この数年、銀座界隈はホテルの開業ラッシュが続いている。同社の新規参入により、競争はより激化すると見込まれるため、各社はそれぞれの特長や強みを武器に集客を図っていく必要があるだろう。新たなホテルが続々と建設され、少しずつ変わっていく銀座の街に、今後も注目していきたい。

■「無印良品 銀座」公式サイトはこちら
■「MUJI HOTEL」公式サイトはこちら

【参照記事】
世界旗艦店「無印良品 銀座」詳細情報

(HOTELIER編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス
「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る