「&AND HOSTEL」新たに浅草と三ノ輪で開業、IoT活用で業務効率化と宿泊体験価値の向上を実現

「&AND HOSTEL」新たに浅草と三ノ輪で開業、IoT活用で業務効率化と宿泊体験価値の向上を実現

and factory株式会社が、IoT体験型宿泊施設であるスマートホステル®『&AND HOSTEL(アンドホステル)』の第7号店「&AND HOSTEL ASAKUSA」を2019年2月1日に、第8号店「&AND HOSTEL MINOWA」を2月15日に開業した。

『&AND HOSTEL』は、さまざまなIoTデバイスを一ヶ所に集結させ、近未来のIoT空間が楽しめる体験型宿泊施設だ。宿泊者同士のコミュニケーションが活発なホステルならではの、出会いや集いも楽しめる「世界とつながるスマートホステル」である。コンセプトのオリジナリティーやコストパフォーマンスの良さから好評を得ており、既存店舗はいずれも高稼働率を保っている。

「&AND HOSTEL ASAKUSA」は、つくばEX「浅草」駅から徒歩7分、日比谷線「入谷」駅から徒歩10分、銀座線「田原町」駅から徒歩13分に位置する。建物は9階建て、面積は388.03平方メートル。定員56名で、客室は「IoT Double Room」7室・「Twin Room」7室・「Smart Dormitory」28床を用意した。

「&AND HOSTEL MINOWA」は、日比谷線「三ノ輪」駅から徒歩5分に位置する。建物は6階建て、面積は742.55平方メートル。定員54名で、客室は「IoT Twin Room」6室・「Deluxe Double」4室・「Standard Double Room」13室・「Standard Twin Room」4室を用意した。

訪日客ニーズを背景に新規宿泊施設のオープンが相次ぐ中、宿泊業界では慢性的な人手不足や、他施設との差別化が課題だ。このたびオープンした2店舗では、IoT技術の活用により「業務効率化」と「宿泊体験価値の向上」を実現している。

「業務効率化」では、スマートスピーカーを取り入れフロント対応を軽減した。「チェックアウト後も荷物を預けられる?」「シャワーは何時まで使えるの?」など、ホステルでよくある質問をスマートスピーカーがコンシェルジュのように応える。これにより、運営スタッフの業務軽減を図る。

さらに「スマートチェックイン」サービスも採用している。『&AND HOSTEL』では、同社が開発した宿泊管理システム『innto(イントゥ)』で施設運営に関する情報を一元管理しており、同システムのオプション機能として新規開発された「スマートチェックイン」サービスは2019年3月1日よりリリース予定で、同店に先駆けて導入されている。

同サービスは、紙で行っていたチェックイン業務を無くし、タブレット端末から宿泊者自身がチェックインできるものだ。“予約を検索・宿泊者情報の入力・署名”の3ステップで手続きが完了するため、チェックイン業務効率化と、宿帳の電子化による紙の保管コスト削減を実現する。さらに、日本語・英語・韓国語・中国語(簡体・繁体)に対応している。

「宿泊体験価値の向上」においては、チェックイン時に鍵ではなく専用のスマートフォンや備え付けのスマートスピーカーでドアキーの解錠施錠・テレビやエアコンなど居室内のさまざまな家電の操作を可能としているほか、利用シーンに応じて快適環境が整備される機能も備えている。

例えば、「Wake up!」「Sleep​」「I’m home!」「Go out!」「Concentrate」「Relax」の6シーンにおいて、居室内のIoTデバイスが作動し、利用シーンに応じた快適環境を瞬時に整えることができる。「Wake up!」モードでは、カーテン・スマートスピーカー・照明・テレビ・アロマディフューザー・空気清浄機の6デバイスが一斉に起動し、起床に適した環境を整えるという。同社は今後、他の体験シーン開発を進めていく方針だ。

さらに、センシング技術やクラウドデータとの連携により、天候・防災情報の通知やラウンジの混雑状況など、リアルタイムな情報をゲストに知らせるという。

『&AND HOSTEL』は、株式会社日本経済新聞社が主催する『2018年日経優秀製品・サービス賞』で、「優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞している。1つのアプリで全機器類を動かせるよう基盤のアプリを独自開発したことや、クラウド上で簡単に宿泊管理できるシステムなど、宿泊業界の深刻な人手不足解消のモデルになりうる点が評価された。

外国人宿泊客が増えるにつれ、宿泊施設の従業員の負担も増えていく。スマートスピーカーやスマートチェックインを取り入れたり、ゲストのニーズに合わせ客室の環境を整えられるなど、IoTを活用した施設はますます必要とされるだろう。同社は『&AND HOSTEL』を東京以外のエリアへも出店を加速させていく方針であり、今後も注目が集まりそうだ。

■「&AND HOSTEL」公式サイトはこちら
■「&AND HOSTEL ASAKUSA」公式サイトはこちら
■「&AND HOSTEL MINOWA」公式サイトはこちら

【参照サイト】
・近未来のIoT体験が楽しめるスマートホステル®「&AND HOSTEL 」が浅草と三ノ輪に連続で新規オープン!
・スマートチェックインを実現して受付工数を削減するタブレットアプリ「inntoスマチェ」をリリース

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る