「UNWIND HOTEL & BAR 小樽」が2019年3月下旬にオープン、北海道初の外国人専用ホテルを大規模リノベーション

「UNWIND HOTEL & BAR 小樽」が2019年3月下旬にオープン、北海道初の外国人専用ホテルを大規模リノベーション

株式会社グローバルエージェンツが、ユニークなテーマで世界観を演出するブティックホテル『UNWIND HOTEL & BAR(アンワインド ホテル&バー)』の2号店を、2019年3月下旬に北海道小樽市で開業することが分かった。

同社は、主力事業であるコミュニティ型住宅「ソーシャルアパートメント」を全国で42棟・2,300室を展開するほか、ホテル事業では全国で7棟・600室のブティックホテルやライフスタイルホテルを運営している。

同ホテルブランド1号店の「UNWIND HOTEL & BAR 札幌」は、ロッジの非日常感と自宅感を、ホテルのスペックとサービスで再現した施設だ。ユニークなコンセプトと世界観から多方面で注目され、旅行サイト『トリップアドバイザー』の札幌市内のホテルランキングで1位、「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本のホテル ランキング 2017」全国15位、「朝食のおいしいホテルランキング2018」全国4位、「トラベラーズチョイスアワード2019サービス部門」全国14位などの実績を残している。

「UNWIND HOTEL & BAR 小樽」は、JR函館本線「小樽」駅より徒歩10分に位置する。建物は、北海道初の外国人専用ホテルとして1931年に建設された「旧越中屋ホテル」を大規模リノベーションしたものだ。戦時中は将校クラブとして陸軍に、戦後は米軍により接収された歴史をもつ。小樽市指定歴史的建造物、経産省「近代化産業遺産群33」にも指定されている。ホテル営業としては、2009年の閉館後から長らく閉鎖されていた。

このたび、歴史を感じる建物の情緒や建築的美観はそのままに、大胆なリノベーションを経て現代的感性で表現されたブティックホテルとなった。クラシックな建築的美観とコンテンポラリーな内装デザインを融合させた、ユニークな感性の世界観を体験できる。

客室は躯体のみを残しすべてリノベーションし、全客室がバス・トイレ別となっている。1名または2名の利用に最適な「スタンダードダブル」、セミダブルベッドを2台備えた「スーペリアツイン」、建物正面の中央にある縦2列のベイウインドウを擁したシグネチャールーム「アンワインドロフト」の3タイプ用意する。「アンワインドロフト」はセミダブルベッド2台とロフト(シングルベッド2台)を備え、家族や友人度同士での宿泊に適している。

毎日17時~18時30分には、1階の「LOBBY BAR」にて無料でワインを提供し、夕食前の優雅な時間を過ごせる。夕食はメインバケット会場である「The Ball」にて、北海道の食材をふんだんに活用した華やかな料理を提供する。「The Ball」は宿泊者以外も利用できるレストランとしても営業するほか、ウェディング会場としても活用できる。現象的な空間と最新の映像音響設備により、他ではできないオリジナルウェディングを演出するという。「BAR IGNIS」も併設し、就寝前のひとときを過ごすこともできる。

さらに、同ブランドでは「ゲストのチェックインからチェックアウトまでを、一つのストーリーとした世界観をご体験頂きたい」という考えから、コンセプトに沿った独自性の高い朝食を宿泊する全てのゲストに“コンプリメンタリーブレックファスト”として提供している。同ホテルのテーマは「モーニングハイティー」。イギリスで19世紀頃から文化として広がった“アフタヌーンティー”や“ハイティー”から着想を得て、伝統を演出しながらも型にはまらないスタイルの優雅な朝食を提案する。

グローバルエージェンツは小樽エリアについて、今後ますます宿泊需要が高まると考えている。小樽はその地理的優位性から、明治時代に北海道の物流拠点として機能した。日本銀行の支店をはじめ多くの銀行支店が拠点を構え、「北のウォール街」と呼ばれるほどの経済繁栄を誇った街だった。その後、経済の中心が札幌に移ってからも金融街として栄えた建造物は保存され、小樽運河と共に歴史的建造物が多く残ったレトロな街並みが魅力となり、北海道の中でも随一の観光地となっている。

また、新千歳空港からニセコへの経由地であることなども相まって、近年、外国人観光客が増加している。2018年度の外国人宿泊客延数は対前年度20%増の11万人となり、国内宿泊者数の3割近くに上る。将来的には、北海道新幹線「新小樽」駅が開通予定だ。

訪日外国人のニーズは“モノ消費”から“コト消費”へとシフトしており、その土地や施設ならではの体験ができることが重視されている。歴史的建造物をリノベーションしストーリー性のある優雅な滞在ができる「UNWIND HOTEL & BAR 小樽」は、外国人ゲストはもちろん日本国内からのゲストにとっても魅力的なホテルになるだろう。

同社は「UNWIND HOTEL & BAR 小樽」以外にも、2019年に複数のホテルの開業を控えている。夏には福岡県・博多にて300室を超えるシティホテルを再生するほか、同社初の新築ホテルを大阪府・本町に開業する。また、同社初の海外進出として台湾・台北での開業も予定している。秋には千葉県・御宿でリゾートホテルの再生を行い、神奈川県・川崎にてテクノロジーを活用したゲスト体験を演出する施設、東京・麻布十番にて商店街沿いにライフスタイルホテルを開業予定だ。

既存の運営ホテルに2019年の新規開業を併せて、同社の運営ホテルは14棟・1,400室になる。また海外への展開も加速させ、2022年までに運営数30棟・3,000室に到達することを目指しているという。同社の今後の動向に注目していきたい。

■「UNWIND HOTEL & BAR 小樽」公式サイトはこちら

【参照記事】
【ニュース】 グローバルエージェンツ、旧越中屋ホテルを大規模リノベーション、「UNWIND HOTEL & BAR小樽」を3月下旬に開業 北海道小樽市
【参照サイト】
・グローバルエージェンツがUNWIND HOTEL & BAR(アンワインドホテル&バー)小樽を開業
・株式会社グローバルエージェンツが2019年開業予定ホテルを一挙公開

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る