“お茶”がテーマの「ホテル 1899 東京」新橋に2018年12月1日開業

“お茶”がテーマの「ホテル 1899 東京」新橋に2018年12月1日開業

創業120年の旅館の老舗・株式会社龍名館が、旅館として創業した1899年を冠したブランド『1899(イチハチキュウキュウ)』の第一号ホテルとなる「ホテル 1899 東京」を、2018年12月1日に新橋6丁目に開業する。

用地代を含む初期投資額は約35億円で、同社が用地を取得し宿泊施設を新設するのは、創業期以来の約100年ぶりだ。約370平方メートルの敷地内に、地上9階建てのホテルを新築する。運営は100%出資の子会社・株式会社1899ホスピタリティが行い、「お茶」をテーマに日本らしさを打ち出した宿泊特化型ホテルとなる。新ホテルは年間2万組の宿泊を想定しており、2019年度は4億円の売り上げを目指している。観光やビジネスなどの国内利用に加え、訪日外国人もターゲットに運営する。

『1899』は、龍名館の創業地・御茶ノ水で運営している日本茶レストラン「RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU(レストラン 1899 お茶の水)」から派生したものだ。「ホテル龍名館お茶の水本店」に併設する同レストランは、日本茶を飲むだけでなく、日本茶を“淹れる”“食べる”をコンセプトに、飲むお茶・お茶料理・お茶スイーツを提供している。このたび、レストランと新ホテルが共同で『1899』ブランドの“お茶をテーマにしたアイテム”(ケーキやシャンプーなど)を販売し、相互の認知度アップを狙っている。

2020年に向けホテル戦争がますます激化する中で、龍名館のミシュラン掲載ホテル「ホテル龍名館お茶の水本店」「ホテル龍名館東京」の運営ノウハウと、旅館から続く高品質なおもてなしのサービスや文化を顧客にアピールするという。特に東京駅前にある「ホテル龍名館東京」は、過去5年連続で売り上げを更新し続け、2017年1月~10月の宿泊稼働率は約90%、宿泊人数の海外宿泊客比率は約60%まで高まっている。海外でのウェブ展開・宿泊マニュアル作り・人材育成・人員配置などで互いに連動させるという。

新ホテルは都営地下鉄「御成門駅」から徒歩6分に位置し、JRやメトロなど4駅が徒歩圏内だ。銀座・六本木・丸の内など人気の観光地も近く、羽田空港へタクシーで約20分でアクセスできる。ホテル全体のデザインコンセプトは「現代的に解釈された茶屋体験」。モダンにアレンジした“お茶文化”を、館内と客室の随所で感じられる内装にする。フロントは2階に設け、日本茶を試飲できるカウンターや、お茶関連の商品を販売するショップを併設する。

3階より上が客室となり63室設け、“茶屋をイメージした庵(いおり)”をデザインコンセプトにした4種類のデザイナーズルームを用意した。客室はダブル・ツインルームのみで、宿泊料金は一泊あたり23,000円~。カーペットやインテリアは、木目と緑茶をイメージしたやわらかいグリーンを基調にした。オリジナルの日本茶を用意し、都心にいながらゆったり寛げる温かみのある空間となる。

63室のうち35室は、“茶室の縁側”をモチーフにした家具を配している。客室の奥側(ベッド側)半分の床全体を約40センチ高くし、腰をかけて旅や仕事の疲れを癒せる工夫が施されている。また、一部の客室はその場でお茶を淹れられるよう、洗面台をベッドルーム側のデスク横に配置している。

1階には、お茶を使った料理とスイーツを提供するレストラン兼デリカッセン「DELI&BAR(デリ&バル)1899東京」をオープンする。宿泊者向けの朝食のほか、宿泊者以外も利用できるランチ・カフェ・ディナー営業を行う。デリカッセンにすることで、近隣のオフィス外の中食需要も取り込む狙いだ。また、日本全国から取り寄せたものやオリジナル商品など、常時10種以上の日本茶の茶葉の物販販売も行うという。

龍名館は今後も新規出店を検討しているといい、『龍名館』『1899』の2ブランドのホテルを関東と関西の主要都市で展開したい考えだ。さらに、2030年以降には「ホテル龍名館お茶の水本店」ビルの全面建て替えの構想があり、多店舗展開でブランド力を上げ、ビル建設時のホテル誘客力やテナント誘致力を高めていくとしている。

東京関税の調査によると、「緑茶」の全国の輸出数量・金額は年々増加しており、2017年には4,642トン・144億円と過去最大を記録した。2016年に比べ数量は13%増加、金額は24.3%増加している。輸出数量・金額ともにアメリカが上位で、東京関税は健康志向の高まりや日本食ブームが背景にあるとしている。また、農林水産省によると日本国内では緑茶(リーフ茶)の消費量は近年横ばいだが、ペットボトル入り緑茶は増加傾向で推移しているという。

“お茶”をテーマに、温かみのある客室と豊富なメニューを提供する「ホテル 1899 東京」。お茶を淹れる機会が減りつつある日本人にとっても、お茶を親しむ機会が増えた外国人にとっても、ほっとする時間を過ごせる貴重なホテルになるだろう。

■「ホテル 1899 東京」公式サイトはこちら

【参照記事】
御成門駅徒歩6分、「ホテル1899東京」が12月1日開業
【参照サイト】
・旅館の老舗、約 100 年ぶりの用地取得でホテル新設 「お茶」をテーマに新ホテル!創業 120 年の来年 12 月に新橋で開業 茶屋をイメージした客室で“和のおもてなし”
・「お茶」がテーマの「ホテル 1899 東京」 12/1 新橋・虎ノ門エリアに開業 ウエディングドレスの著名デザイナーが制服をデザイン 宿泊予約500件突破で順調な滑り出し

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る