“泊まれる茶室”がコンセプトの「hotel zen tokyo」が2019年2月に人形町でオープン

“泊まれる茶室”がコンセプトの「hotel zen tokyo」が2019年2月に人形町でオープン

株式会社SENが、「禅」をテーマにした新型カプセルホテル『hotel zen tokyo(ホテル・ゼン・トーキョー)』を2019年2月に日本橋人形町で開業すると発表した。公式ウェブサイトおよびクラウドファンディング(Readyfor)にて、11月5日より予約受付を開始している。

同施設は「泊まれる茶室」をコンセプトに客室を千利休の茶室に見立て、今までにない新しいカプセルホテルとなる。同社は、このコンセプトのカプセル型の旅館こそが、都市課題解決と日本文化の発信のきっかけになり得ると考えている。

日本発のカプセルホテルは、海外から注目を集めている宿泊形態だ。加えて、茶室は世界的な人気を博す日本のミニマリズム・デザインの神髄であると言われている。代表取締役の各務太郎氏はハーバードデザイン大学院への留学時、世界都市の家賃高騰が世界中の建築家が注目する課題であることに気付いた。また、狭くても豊かな暮らしができる空間の先駆者として、日本の茶室がリスペクトされていることを認識し、このたびの事業を発案。ホテルとして最もミニマルな“カプセルホテル”という形態を、極小空間の先駆者である“茶室デザイン”と掛け合わせることで、東京発の世界ホテルブランドを作るべく同社を創業した。

ホテルは人形町駅から徒歩30秒、水天宮前駅から徒歩5分に位置し、銀座・日本橋・東京駅も近い。また、羽田空港・成田空港も電車一本でアクセスでき、水天宮駅からは両空港行きのバスもある。さらに、最寄り駅から日比谷線・浅草線・半蔵門線が利用できることから、ビジネスにも旅行にも非常に便利な立地だ。

客室は全5タイプ・ベッドは78台用意し、タイプによってベッドサイズ・面積・デザインが異なる。各カプセルは千利休が16世紀後半に生み出した茶室の傑作「妙喜庵(待庵)」を21世紀型に再解釈し、丁寧に作り上げた和モダンな空間である。天井までの高さを2.2メートルまで広げ、通常のカプセルホテルの形状よりもラグジュアリーに仕上げた。

5タイプのうち3タイプは茶室カプセルで、シングルまたはセミダブルのベッド、床の間の形をした金庫キャビネット、電源、衣類をかけるハンガーなどが準備されている。他2タイプはより広々としたコーナールームで、コンクリートと木の素材をフル活用したデザインだ。また、5フロアある客室のうち1~2フロアは女性専用フロアである。

館内には約300平方メートルの広々とした共用スペースもあり、宿泊の目的に応じた施設が充実している。仕事スペースとして使えるワークラウンジ、ランドリールーム、飲食が可能なカフェバーなどを設けた。和のしつらえをモダンに表現したカフェバーでは、時間帯により朝食・カフェ・バーラウンジとして利用できる。

旅館業法において「簡易宿所」にカテゴライズされるカプセルホテル。観光庁によると、2017年の全国の簡易宿所の稼働率は28%で前年比3%増となった。また、2017年度の全国の外国人延べ宿泊者数は約7,800万人で、前年比12.4%増であった。これは、調査開始以来の最高値だという。

「寝るだけの宿」「狭い」「男性が利用する」といったイメージがあるカプセルホテルだが、近年は女性専用スペースを設けたり、広くてベッド以外の設備も整っている施設が増えている。『hotel zen tokyo』はこういった特徴に加え、「茶室」という日本文化を取り入れた点が他の施設と差別化でき、強みになるだろう。外国人宿泊者数が増えていることからも、日本らしさや和を感じられる施設の注目度や需要は高いとみられる。

■「hotel zen tokyo」公式サイトはこちら

【参照記事】
“千利休の茶室”をイメージしたカプセルホテルが東京・日本橋に開業へ
【参照サイト】
「世界初の禅×カプセルホテルを実現した「hotel zen tokyo (ホテル・ゼン・トーキョー)」中央区日本橋人形町にグランドオープン」

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で