オープンセサミ、移動式のテント型ホテル「Grand Tour」を10月22日よりスタート

オープンセサミ、移動式のテント型ホテル「Grand Tour」を10月22日よりスタート

株式会社オープンセサミが、キャンプ用品販売事業の『CAMP on PARADE』に体験型オールインクルーシブ宿泊施設「Grand Tour」を加え、10月22日より事業を開始した。

同社の事業コンセプトは「これ以上ない、贅沢な冒険を」。旅に出てそこで出会う大自然の中で静かに流れる時間そのものを“LUXPRORE=Lux + Explore、贅沢な冒険”と定義している。「Grand Tour」は、日本各地を毎月のように移動するテント型の宿泊施設で、それぞれの場所の最もいい季節にその地を訪問したいという思いから誕生した。

「Grand Tour」はエアストリームを連ね、テントを張ったキャラバンが一カ月程度ずつ滞在する。ゲストはそれぞれの場所で一泊~数泊の滞在が可能だ。ツアーは、すべての食事・温泉訪問・焚き火を見ながらのお茶やお菓子などが料金に含まれた“オールインクルーシブ”だ。小さな子供のいる家族も快適に過ごせるよう、ベビーベッドも用意している。

“学校”というコンセプトで大人も子供も楽しめるプランとなり、旬の食材を活かした料理、美しい焚き火、大自然の中で過ごす贅沢な時間を提供する。その場所ならではの体験や風景を学ぶことで、教育としての要素にも期待できる。『CAMP on PARADE』に会員登録し住所を登録すると、テキスト(ダイレクトメール)が自宅に届き、ツアーの予習・復習ができる。

10月のツアーの出発地は蓼科で、ジビエ料理で有名なフレンチの名店「オーベルジュ・エスポワール」や、原生林のトレッキング体験を楽しめる。また、シェフに鹿肉の焼き方や燻製の作り方を教わるワークショップも開催し、親子で楽しみながら「食べる」ことへの考えを深めることができるという。今後は北海道や奄美大島など日本各地を転々とし、その土地ならではの贅沢を提供する予定だ。

近年、民泊やグランピングなど、それぞれのライフスタイルにより宿泊の在り方が多様化する中、毎月宿泊地が変わる​移動式ホテルというスタイルは、実に新しい発想と言える。また、小さな子どもから大人まで利用できる設備が整っているのも、利用者にとって安心できるポイントだろう。

新規参入が増えていきそうな事業だからこそ、同社の今後の取り組みに注目していきたい。

 

■「Grand Tour」公式サイトはこちら

【参照記事】
・新しい日本に出会える移動式ホテル「Grand Tourグランドツアー」 オープンセサミが開始
・体験型オールインクルーシブ宿泊施設「Grand Tourグランドツアー」新事業スタート

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で