建設中の「(仮称)Dタワー豊洲」内に「ホテルJALシティ東京 豊洲」が2019年開業

建設中の「(仮称)Dタワー豊洲」内に「ホテルJALシティ東京 豊洲」が2019年開業

株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメントは10月11日、大和ハウス工業株式会社が豊洲埠頭「4-1B地区」に建設中の複合施設『(仮称)Dタワー豊洲』内に「ホテルJALシティ東京 豊洲」を2019年に開業すると発表した。両社は2017年9月7日に同ホテルに関する運営管理契約を締結しており、このたび当該施設の概要が固まった。

「(仮称)Dタワー豊洲」の6~16階に、オールデイダイニングを有する宿泊主体型の同ホテルを開業する。標準客室面積は20~30平方メートル、総客室数は330室を予定し、20代後半~40代前半の国内外のゲストがメインターゲットだ。客室はオーガニックモチーフをあしらいながら“重ねあわせ”のデザインを設え、日本らしさを感じられる温かく居心地の良い空間となる。全室洗い場付きの浴室で、レジャー利用のゲストを意識したバス・トイレがセパレートタイプの客室を用意する。

また、スマートデバイスを活用し、予約からホテル滞在、チェックアウトまでのあらゆるシーンでゲストの利便性を高めていく。広めの間取りでスマートデバイスを活用する『ホテルJALシティ』ブランドのホテルは、「ホテルJALシティ名古屋 錦」「ホテルJALシティ札幌 中島公園」に続き新ホテルが3軒目だ。

「(仮称)Dタワー豊洲」の2~3階には、アスリート向けの低酸素環境下トレーニング施設『(仮称)ASICS Sports Complex TOKYO Bay』が併設するほか、飲食店や物販店舗など健康に配慮した施設が設けられる。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村(晴海地区)と各競技施設の中間に位置するため、スポーツに関連した施設の需要もあり、開発計画が進められている。

豊洲地区では、再開発が計画的に進められてきた豊洲駅前エリアを中心に、最先端のオフィス群、商業・レジャー空間、医療・教育施設をはじめ、歩行者用通路や公園の整備が進んでいる。2018年から2022年までの大規模オフィス供給量は、東京23区内上位10位に入る約28万平方メートルに達すると予測されている。オフィスの集積が進んでいることに加え、10月11日には豊洲市場が開業し、ビジネスやレジャーの拠点として将来有望なエリアとなることが見込まれている。

■「ホテルJALシティ東京 豊洲」概要
建設予定地:東京都江東区豊洲6丁目4-1B街区
アクセス:東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)市場前駅より徒歩2分
開業時期:2019年
延床面積:11,969平方メートル(ホテル部分のみ)
フロア構成:ホテルロビー 1階、客室 6~16階
客室数:330室
レストラン・バー:オールデイダイニング(テナント)

【参照記事】
「ホテルJALシティ東京 豊洲」、豊洲市場前に2019年10月開業
【参照サイト】
『ホテルJALシティ東京 豊洲』 2019年に開業~豊洲市場に至近の立地に誕生~

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で