日本初の「MUJI HOTEL」、2019年4月に銀座でオープン。無印良品の世界旗艦店も併設

日本初の「MUJI HOTEL」、2019年4月に銀座でオープン。無印良品の世界旗艦店も併設

まちづくりにつながる企画・設計・運営までを一体で手掛けるUDS株式会社が、『MUJI HOTEL』3店舗目となる「MUJI HOTEL GINZA」を2019年4月に開業する。『MUJI HOTEL』が日本で開業するのは初めてだ。

UDSは中国現地法人の誉都思建筑咨询(北京)有限公司が、2018年6月30日に「MUJI HOTEL BEIJING」を中国・北京に開業している。新ホテルは「MUJI HOTEL BEIJING」と同様に、UDSが株式会社良品計画(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:松﨑曉)とライセンス契約を結び、良品計画が提供するコンセプトと内装デザイン監修の下、企画・内装設計・運営・経営を手掛けるものだ。

『MUJI HOTEL』は“アンチゴージャス、アンチチープ”をコンセプトに、ちょうど良い価格で良く眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを用意している。今日、用意されたことを消費するだけの旅行から、自ら作り出す自分だけの体験へと需要が変化している。『MUJI HOTEL』はこういった需要に対応し、無印良品の店舗と連携することで、タオルの手触りやコンセント等の配置、レストランのメニューや空間などを通して、無印良品の思想を体験できるホテルを目指している。

「MUJI HOTEL GINZA」は、株式会社読売新聞東京本社と三井不動産株式会社が銀座で開発中の複合ビルの6階一部~10階に、無印良品の思想を体感できる全79室のホテルとして開業する。

ホテルの地下1階から6階には、無印良品の新しい世界旗艦店「無印良品 銀座」が開業する。6階にはホテルのレストランとフロントがあり、これらと併設して良品計画が“ATELIER MUJI GINZA”を展開する。無印良品初の複合的なデザイン文化の発信基地となり、店舗とホテルが融合した空間と体験を提供するという。

新ホテルについてUDSは、「先に開業した“MUJI HOTEL BEIJING”の日々の運営を通しての知見を踏まえながら、旅先であってもいつもの生活の延長の感覚で心地よく過ごせ、東京、そして銀座というまちの魅力を十分味わっていただける旅の拠点となることを目指します」と述べた。

■「MUJI HOTEL GINZA」概要
所在地:東京都中央区銀座3丁目103番3、4、6、14、15、21、40(地番)
開業日:2019年4月4日(予定)
宿泊予約開始:2019年3月中旬(予定)
フロア構成:<6階>フロント、レストラン<7~10階>客室
客室数:全79室(13.62~51.62平方メートル)
付帯施設:レストラン(44席)

【参照記事】2019年4月、東京・銀座に日本初となる無印良品のホテルMUJI HOTEL GINZAを開業

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で