H.I.S.ホテルホールディングス「変なホテル東京 羽田」を10月3日に開業、全国で9拠点目

H.I.S.ホテルホールディングス「変なホテル東京 羽田」を10月3日に開業、全国で9拠点目

H.I.S.ホテルホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:澤田秀雄)が、「変なホテル東京 羽田」を10月3日に開業する。新ホテルを合わせ、『変なホテル』は関東に7拠点、全国では9拠点となる。

新ホテルは、羽田空港国内線ターミナル駅京急空港線から電車約4分、京浜急行「大鳥居駅」から徒歩約6分に位置する。客室は全200室・7タイプ用意した。一部の客室には、クローゼット型衣類リフレッシュ機「LGスタイラー」や、レイコップ社が開発した布団コンディショナー「Futocon(フトコン)」を導入した。

新ホテルには“4つの初!”を導入する。一つ目は、新しいフロントエンターテインメントだ。恐竜・人型ロボットと自然界を映した3D映像がシンクロしゲストを迎える。二つ目は、客室タブレットサービス「tabii(タビー)」。全客室に導入し、館内外の情報収集や照明・空調・テレビなど、あらゆる室内機器と連動する。三つ目は、70室の「シアタールーム」だ。約400種類のテレビや映画を約80インチのスクリーンで楽しめる。四つ目は、豊橋技術科学大学と共同研究した「弱いロボット=“ゴミ箱ロボット”」。人の手助けを促して一緒にゴミ拾いをするロボットと共存する空間をフロントで展開する。

施設内には、早朝5時半から営業するレストラン「アーリーバードダイニング」があり、朝食はインターコンチネンタル&和食ブッフェを提供する。加えて、アンチエイジングや皮膚美容などへの再生医療を実施する「AI和合クリニック」も併設するという。また、早朝・深夜便にも対応できるよう、羽田空港~ホテル間の無料シャトルバスを運行する。同社は、「全ての旅行者に向けて、より楽しく快適で安心できる滞在を提供できるように引き続き、進化・変化し続けるホテルとして邁進してまいります」と述べた。

■「変なホテル東京 羽田」概要
所在地:東京都大田区東糀谷2-11-18
アクセス:羽田空港国内線ターミナル駅京急空港線4分、京浜急行「大鳥居駅」徒歩6分
羽田空港~ホテル間直行シャトルバス運行(無料)※時間帯運行
開業日:2018年10月3日
客室数:全200室
公式サイトはこちら

【参照記事】
H.I.S.ホテルホールディングス、「変なホテル東京 羽田」を3日に開業
【コーポレートサイト】
・H.I.S.ホテルホールディングス株式会社
・豊橋技術科学大学
【サービスサイト】
・変なホテル
・tabii
・LGスタイラー
・Futocon
【関連記事】
・HISが展開するロボットホテル「変なホテル東京 浅草橋」が7月13日開業。IoT体験ができるコラボルームに注目。
・HIS、「変なホテル」の都市部展開スタート。2018年度までに10施設新設予定
・HIS運営「変なホテル ラグーナテンボス」8月1日開業。handyの導入も
・業界初!H.I.S、国内ホテル直販支援サービス、宿泊施設に向けて開始
・HIS、ロボットパラダイスなホテルなど、100軒目指す。体験型観光を好む訪日客ターゲット

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で