アーティスティックなデザインの「イチホテル上野新御徒町」が9月15日に開業




アーティスティックなデザインの「イチホテル上野新御徒町」が9月15日に開業

株式会社フェリーチェ(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:大森真)が、同社のカジュアル&イージーなブランド『ICI HOTEL(イチホテル)』の第一号店「イチホテル上野新御徒町」を9月15日に開業した。

同社は沖縄県・福岡県・大阪府・北海道・東京都でホテルを展開しており、「イチホテル上野新御徒町」は同社の東京進出後4店舗目となるホテルだ。『ICI HOTEL』は、「Invite」(ゲストを快く招く、迎えるホテルサービス・設備)、「Comfortable」(アクセスの快適さ)、「Inspiration」(魅力あふれる観光エリアに隣接したロケーション)の頭文字をとり名付けられた。

ホテルは新御徒町駅から徒歩2分と好立地にあり、改札を出て地上に上がると佐竹商店街のアーケードに直結している。『with green & art “緑とアートと共に”』をテーマに、森の中にいるような清々しいグリーンの心癒されるロビーや、アーティスティックで遊び心あふれるレストラン・客室を用意した。レセプションには、盆栽家の樹弥沙氏による和デザインとインダストリアルデザインを取り入れ、駐車場には絵馬絵師のAyumi Miyakawa氏のウォールアートが施されており、感性を多彩に刺激する空間を楽しめるという。

客室は全108室・6タイプあり、3階と5階にはツインルーム2室の行き来が可能な「コネクティングルーム」を用意した。コンパクトな中にも空間を有効に生かす工夫を施し、荷物の多いインバウンド客を想定して、折り畳み式のキャリーバッグ棚のある客室も設けている。全室にシモンズ製のベッドを採用し、心地よい眠りにも配慮した。

さらに客室には、日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語・スペイン語に対応したルームコントロールタブレットを常設している。レストランやランドリーの混雑状況が一目でわかるだけでなく、貸し出し備品の申し込み、フロントからの連絡、各種サービスの問い合わせも可能だ。海外からの宿泊客にとってわかりづらい、テレビリモコンの操作説明も見ることができる。

ホテルの1階にはオールデイダイニング「EASY POINT」が24時間オープンし、早朝出発・深夜到着のゲストにいつでも食事を楽しめるスペースを提供する。1,000円のチケット制で朝・昼・夜・のメニューを用意するほか、バラエティあふれる世界のフード・アルコールも提供する。

このたびの「イチホテル上野新御徒町」の開業に続き、同ブランドは2018年11月に赤坂、2018年冬に神田、2019年春に浅草橋にも新店舗を開業予定だ。それぞれの地域の魅力をホテルデザインに表現し、個性と楽しみのあふれるホテルになるという。

■「イチホテル上野新御徒町」概要
所在地:東京都台東区台東4-23-11
アクセス:都営地下鉄大江戸線・つくばエクスプレス新御徒町駅A2番出口から徒歩2分、JR山手線御徒町駅北口から徒歩9分、東京メトロ日比谷線仲御徒町駅3番出口から徒歩7分
客室:全108室
シングル(約14平方メートル、18室)、ダブル(約14平方メートル、30室)、デラックスダブル(約18平方メートル、9室)デラックスツイン[ユニバーサル仕様](約28平方メートル、1室)、ツイン(約18.5平方メートル、50室)※内、コネクティングルームを3F・5Fに設定
公式サイトはこちら

【参照記事】
デザイナーズホテルのフェリーチェ、「イチホテル上野新御徒町」開業
【コーポレートサイト】
・株式会社フェリーチェ
・Ayumi Miyakawa

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で