「ホテル阪神アネックス大阪」が2019年5月開業、東アジアの訪日客がターゲット

「ホテル阪神アネックス大阪」が2019年5月開業、東アジアの訪日客がターゲット

株式会社阪急阪神ホテルズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤本和秀)は3日、2019年5月に「ホテル阪神アネックス大阪」を開業予定だと発表した。

同ホテルは、近接する「ホテル阪神大阪」の別館である。JR大阪環状線・阪神電車「福島駅」から徒歩すぐに位置し、主要駅の「大阪」「梅田」から1駅という好立地だ。ローカルな食・人・文化が体験できる特性を活かし、韓国や中国など東アジアからの旅行客をメインターゲットにする。客室単価は「ホテル阪神大阪」より2,000~3,000円程度低く設定し、よりリーズナブルに利用できるという。

全254室のうち約7割を、15平方メートルのコンパクトな客室が占める。ベッド下にスーツケースを収納できるスペースや、居室内に洗面台が独立したアウトベイシンスタイルを採用した。ベッドスペースを広く確保し快適に過ごせる造りにしたほか、客室内サインにピクトグラムを用いるなどして、直観的に客室のどこに何があるかわかるように工夫している。

客室のデザインは、清楚で粋な印象の「さくら」と、美しく艶やかな印象の「あかね」の2種類でカラースキームを展開する。デザインアートやクッションなどに、日本の伝統的な色彩や文様を施した着物の帯生地を用いることで、“和”を感じられる“粋”でモダンな空間に仕上げている。2階ロビーには「回り灯篭」を使ったフォトスポットを設置し、フォトジェニックな空間も楽しめるという。

■「ホテル阪神アネックス大阪」概要
所在地:大阪府大阪市福島区福島5丁目
アクセス:JR大阪環状線・阪神電車「福島駅」徒歩すぐ
開業日:2019年5月(予定)
客室数:254室
附帯設備:レストラン1店舗、コインランドリー、アイロンルーム、フォトスポット、喫煙室(紙巻きたばこと加熱式たばこの分煙)
公式サイトはこちら

【参照記事】
「ホテル阪神アネックス大阪」来年5月開業 訪日客狙い和の雰囲気
【参照サイト】
JR 大阪環状線「福島駅」に、訪日外国人がメインターゲットの新ホテルが誕生「ホテル阪神アネックス大阪」2019年5月開業(予定)和の意匠×機能性×全客室禁煙でおもてなし
【コーポレートサイト】
株式会社阪急阪神ホテルズ
【サービスサイト】
ホテル阪神大阪
【関連記事】
・阪急阪神、ファーストキャビンと提携し、大阪市福島区に10月31日、簡易型ホテル開業
・JR西日本、ホテルブランドに宿泊特化型、カプセルの2ブランド追加。今秋以降開業

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で