フォーブスが京都初出店、9月1日に「ホテルウィングインターナショナル京都四条烏丸」を開業

フォーブスが京都初出店、9月1日に「ホテルウィングインターナショナル京都四条烏丸」を開業

株式会社フォーブス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松崎充宏)が、「ホテルウィングインターナショナル京都四条烏丸」を9月1日に開業した。同社の28施設目のホテルで、京都へは初出店となる。同社の井本一夫最高顧問は、「京都は世界で最も人気のある都市。可能性はもっとある」とコメントした。

このたび開業したホテルは、京都の老舗呉服問屋が所有する2つの高低差のあるビルを、ひとつの建物にコンバージョンしたものだ。既存建物に耐震工事を施すことで、安心・安全に宿泊できるホテルとして生まれ変わった。

市営地下鉄烏丸線「四条駅」から徒歩3分に位置し、観光・ビジネスに好立地だ。東の清水エリア・西の嵐山エリアどちらへもアクセスしやすく、観光客に人気の四条河原町界隈や、食べ歩き・買い物が楽しめる「錦市場」も徒歩圏内にある。

ホテルは和の装いとモダニズムが融合した、“雅なる古都にたたずむ和モダンホテル”がコンセプトだ。提灯・のれん・行燈(あんどん)などで和の雰囲気を演出し、古都の温もりに調和するエントランスで宿泊客を迎えるという。客室やレストランは、時代やトレンドに流されない普遍的なデザインと意匠にこだわった。

全78室のうち23室は、欧米の旅行者を想定して約20平方メートルのダブルルームを用意した。ツインルームは45室用意し、このうち10室は約30平方メートルで、女性3人連れなどで宿泊ができるよう3ベッドが置ける客室だ。旅の楽しみのひとつである“食”にもこだわり、朝食は定食スタイルで提供する。和定食・洋定食・お茶漬け御膳からひとつを選ぶことができ、サラダバーやドリンクバーも利用できるという。

■「ホテルウィングインターナショナル京都四条烏丸」概要
所在地:京都府京都市下京区高辻通烏丸西入骨屋町319
アクセス:市営地下鉄烏丸線「四条駅」南出口より徒歩3分
客室数:全78室
公式サイトはこちら

【参照記事】
京都・下京にフォーブスが新ホテル 訪日客取り込みへ
【参照サイト】
オフィスビルからコンバージョンして古都のぬくもりに調和するデザインに「ホテルウィングインターナショナル京都四条烏丸」2018年9月1日(土)グランドオープン
【コーポレートサイト】
株式会社フォーブス
【サービスサイト】
ホテルウィングインターナショナル
【関連記事】
フォーブスが運営するホテルチェーンに「メトロエンジン」を導入、AIによる価格設定で業務効率化を図る。

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で