三井不動産グループ、六本木に約260室のホテルを2020年初頭に開業

三井不動産グループ、六本木に約260室のホテルを2020年初頭に開業

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)と株式会社三井不動産ホテルマネジメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:足立充)は28日、六本木に客室数約260室(予定)のホテルを2020年初頭に開業予定であることを発表した。

このたびの計画は、複数の法人が所有する土地を三井不動産が賃借したうえホテルを建設し、竣工後に三井不動産ホテルマネジメントがホテルとして運営する。建物は、2018年2月に新築工事に着手していた。

計画地は、東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅から徒歩5分、東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅から徒歩7分に位置する。交通利便性に優れていることに加え、東京ミッドタウンや六本木ヒルズといった大規模複合施設からもほど近い。六本木は国内だけでなくインバウンド客にも知名度の高い街であることから、ビジネスや観光・レジャーの滞在拠点として、国内外のゲストの宿泊ニーズに応えるホテルにするという。

ホテルの外観・外構デザイン監修は、光井純&アソシエーツ建築設計事務所(本社:東京都品川区、代表取締役:光井純)を起用する。外観は細やかな陰影をまとい、インバウンド客にも日本らしさを感じられるデザインとする。また、エントランス周辺は、六本木の喧騒とは一線を画す潤いある水盤や、四季折々の樹木で彩られた外構を設け、癒しの非日常空間でゲストを迎えるという。

三井不動産ホテルマネジメントは現在、アッパークラスの宿泊主体型ホテル『三井ガーデンホテルズ』と、ハイクラスの宿泊主体型ホテル『ザ セレスティンホテルズ』を、全国で計25施設・6,402室運営している。三井不動産グループは今後も、首都圏や全国の主要都市において積極的に新規展開を行うとしている。

■「六本木三丁目ホテル計画(仮称)」 概要
所在地:東京都港区六本木三丁目62番1他(地番)
敷地面積:1,861.43平方メートル(563.08坪)
延床面積:12,500平方メートル(3,781.25坪)
構造規模:鉄骨造、地上14階
客室数:約260室(予定)
設計・施工:清水建設株式会社
外観・外構デザイン監修:光井純&アソシエーツ建築設計事務所株式会社
開業:2020年初頭(予定)

【参照記事】
六本木にホテル、20年開業予定/三井不他
【参照サイト】
「(仮称)六本木三丁目ホテル計画」 開発概要決定~ 2020年初頭 開業予定 ~
【コーポレートサイト】
・三井不動産株式会社
・株式会社三井不動産ホテルマネジメント
・光井純&アソシエーツ建築設計事務所株式会社
・清水建設株式会社
【サービスサイト】
・三井ガーデンホテルズ
・ザ セレスティンホテルズ
【関連記事】
・三井不動産グループが京都市下京区でのホテル計画に着工、2020年夏開業予定
・豊洲エリアでホテルなど建設ラッシュ、都心への近さと水辺の立地が人気
・大手町駅至近に「三井ガーデンホテル」6月17日開業、ベーカリーカフェ・レストランを併設。
・ブルガリ ホテルが日本初進出、東京駅至近の複合ビル内に2022年末開業予定。
・2018年9月13日「三井ガーデンホテル日本橋プレミア」開業、老舗料亭「浅田」がホテル初進出。
・三井不動産、ディスティネーション型ホテルを銀座に開業。京都に続く第2号店
・三井ガーデンホテル、訪日外国人に向けて、客室テレビを活用した観光サービス配信
・福岡初の三井ガーデンホテル着工。JR博多駅徒歩7分、2019年夏開業予定
・三井不動産グループ、滞在主体型最上位ブランド「ザ セレスティンホテルズ」開業へ
・三井不動産、台湾ホテル市場進出へ。宿泊特化型ホテル2020年開業予定
・三井不動産、豊洲に大規模複合施設建設へ。上層階にグループ直営ホテル開業予定

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で