「からくさホテル」が東京初出店、銀座と八重洲に2019年開業

「からくさホテル」が東京初出店、銀座と八重洲に2019年開業

株式会社ザイマックス(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉本健二)が、都内で初出店となる『からくさホテル』2棟のホテル名と開業日を発表した。どちらのホテルも、子会社の株式会社からくさホテルズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤亮祐)が運営を行う。

観光客向け宿泊特化型ホテルの『からくさホテル』は、2016年3月に誕生した。国際空港や観光都市に開業し、ツインルームを軸にしたフロア構成と、ファミリーやグループ利用に最適なコネクティングルームを多く設けているのが特徴だ。多様な外国人スタッフと外国語に堪能な日本人スタッフにより多言語対応が可能で、プロ通訳とテレビ電話が可能なシステムも導入している。

2019年5月1日に開業する「からくさホテルプレミア東京銀座」は、ワンランク上のブランドカテゴリーである『からくさホテルプレミア』シリーズを導入した。銀座の中央通り近くに位置し、訪日外国人などの観光客やビジネス需要の取り込みも狙っている。客室は26~43平方メートルで大きな窓があり、ツイン・ダブルルームを用意する。宿泊者専用の無料ラウンジもあり、アッパークラスのサービスを提供するという。

2019年7月8日に開業する「からくさホテル東京ステーション」は、東京駅から徒歩5分に位置する。皇居や日本橋も徒歩圏内でアクセスが良く、新幹線や長距離バスを利用するゲストにも便利だ。21平方メートル以上のツインルームや、4名用・6名用の和室もある。3名まで宿泊できる客室は94室用意し、このうち40室は隣り合う客室を内扉でつなぎ、最大6名が宿泊できるコネクティングルームだ。

『からくさホテル』は現在開業している北海道1棟と関西4棟に、このたび発表された東京2棟が加わり、全国で計7棟を展開することになる。さらに新大阪で396室のホテルを開業する予定で、2020年までに全国10棟・1,500室のホテル開業を目指すという。

■「からくさホテルプレミア東京銀座」概要
所在地:東京都港区新橋一丁目7-1
開業予定日:2019年5月1日
客室数:全57室(内、コネクティングルーム14室)
設計・施工:設計 株式会社入江三宅設計事務所、施工 株式会社奥村組
建築規模:鉄骨造地上12階
延床面積:2,989.26平方メートル
公式サイトはこちら

■「からくさホテル東京ステーション」概要
所在地:東京都中央区八重洲一丁目105-14
開業予定日:2019年7月8日
客室数:全151室(内、コネクティングルーム40室)
設計・施工:設計 株式会社安宅設計、施工 株式会社フジタ
建築規模:鉄骨造地上12階、地下1階
延床面積:5,406.36平方メートル
公式サイトはこちら

【参照記事】
ザイマックス、都内に来年2ホテル 銀座と八重洲
【参照サイト】
東京で初の「からくさホテル」2棟のホテル名・開業日決定
【コーポレートサイト】
・株式会社ザイマックス
・株式会社からくさホテルズ
・株式会社入江三宅設計事務所
・株式会社奥村組
・株式会社安宅設計
・株式会社フジタ
【サービスサイト】
からくさホテル
【関連記事】
ザイマックス、比不動産会社ロビンソンズランドと提携しインバウンド特化型ホテルを運営

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で