野村不動産などが宇都宮市と複合開発の基本協定を締結、コンベンション施設を中核にホテルや病院を整備

野村不動産などが宇都宮市と複合開発の基本協定を締結、コンベンション施設を中核にホテルや病院を整備

野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮嶋誠一)が代表企業を務め、全17の企業で構成される「うつのみやシンフォニー」は30日、『宇都宮駅東口地区整備事業』において、宇都宮市と基本協定を締結したと発表した。2022年の供用開始を目指している。

同事業は、宇都宮市と民間事業者が官民連携し、コンベンション施設を中核とした複合開発を行うものだ。商業施設、高度専門医療の拠点となる病院、ホテル、オフィス・生活サポート施設、分譲マンションなどを、コンベンション施設と一体的に整備する。また、共同事業者や周辺地域と連携し、大規模災害時に総合的な機能を発揮する「災害拠点ネットワーク」も構築する。包括的な防災・セキュリティセンターの整備や、コンベンション施設による帰宅困難者受け入れにより、災害に強い防災拠点を整備するという。

計画地は、JR東北新幹線・東北本線「宇都宮」駅から徒歩1分の土地で、2022年に開通予定のLRT(Light Rail Transit:次世代型路面電車システム)の駅も開業する予定だ。同市はこの地区を、LRTを骨格としたネットワーク型コンパクトシティの中核として位置付けている。

うつのみやシンフォニーの17社のうち8社は宇都宮市の地元企業で、地域の特性を活かした施設の開発や運営を行う。街区は市の玄関口にふさわしい景観を形成するため、地元産の大谷石を活用し、宇都宮の山並みを想起させるデザインにする。また、コンベンション施設は3層に配置された交流広場に面し、外部空間との一体的な利用を想定している。駅前という立地を生かし、国際学会やスポーツイベントなど多様な催事に対応してにぎわいを創出していくという。

ホテルブランドは未定だが、“高品質で洗練されたホテル”を整備するという。ビジネスマンやコンベンション施設利用者が快適に滞在できるだけでなく、アフターコンベンションにおけるVIP対応も想定している。また、脳神経外科疾患や心疾患などを専門的に治療する高度専門医療施設では、最先端の医療技術を提供する。脳卒中や心筋梗塞などの予防サービスを広く行い地域に貢献していくほか、ホテルと連携してメディカルツーリズムにも対応する。

うつのみやシンフォニーは、「都市機能の集積により地域の皆様の利便性向上に寄与するだけでなく、各施設機能の広域的な連携により、アフターコンベンションやメディカルツーリズム等の新たな需要を創出し、宇都宮市のさらなる発展に貢献してまいります」としている。

■「宇都宮駅東口地区整備事業」概要
所在地:栃木県宇都宮市宮みらい1および2の一部
アクセス:JR東北新幹線・東北本線「宇都宮」駅徒歩1分
施行区域面積:約2.6ha
法規制:中央街区 80%/600%(商業地域、防火地域)、南街区 80%/400%(商業地域、準防火地域)

■「うつのみやシンフォニー」構成企業
<代表企業>
野村不動産株式会社
<構成企業>
・北関東綜合警備保障株式会社
・住友商事株式会社
・JA三井リース建物株式会社
・医療法人社団 脳神経脊髄脊椎外科サービス
・株式会社ビッグ・ビー
・株式会社アール・アイ・エー
・AIS総合設計株式会社
・株式会社隈研吾建築都市設計事務所
・前田建設工業株式会社
・中村土建株式会社
・株式会社増渕組
・渡辺建設株式会社
・株式会社五光宇都宮店
・株式会社コンベックス
・株式会社JTBコミュニケーションデザイン
・野村不動産パートナーズ株式会社

【参照記事】
メディカルツーリズムにも対応:JR宇都宮駅東口整備の骨子が判明 ホテルはVIP対応、病院は脳・心疾患に特化
【参照サイト】
JR 東北新幹線・東北本線「宇都宮」駅東口地区整備事業『宇都宮駅東口地区整備事業』 基本協定書を締結~ネットワーク型コンパクトシティの中核となるコンベンション施設を含む複合開発~
【コーポレートサイト】
・宇都宮市
・野村不動産株式会社
・北関東綜合警備保障株式会社
・住友商事株式会社
・JA三井リース建物株式会社
・医療法人社団 脳神経脊髄脊椎外科サービス
・株式会社ビッグ・ビー
・株式会社アール・アイ・エー
・AIS総合設計株式会社
・株式会社隈研吾建築都市設計事務所
・前田建設工業株式会社
・中村土建株式会社
・株式会社増渕組
・渡辺建設株式会社
・株式会社五光宇都宮店
・株式会社コンベックス
・株式会社JTBコミュニケーションデザイン
・野村不動産パートナーズ株式会社
【関連記事】
・野村不動産、複合施設の新築工事着工を発表。2020年夏にホテル開業予定。
・野村不動産、地域一帯となったホテル事業参入へ。訪日外国人客取り込み高い収益率狙う
・日本郵政、野村不動産を買収へ。2兆円超の不動産資産を保有

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で