「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」が軽井沢・塩沢エリアに7月20日開業

「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」が軽井沢・塩沢エリアに7月20日開業

会員制リゾートホテル『東急ハーヴェストクラブ』の25施設目となる「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」が、長野県北佐久郡にて7月20日に開業した。

『東急ハーヴェストクラブ』は、東急不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大隈郁仁)が開発、株式会社東急リゾートサービス(本社:東京都港区、取締役社長:熊沢 基好)が運営、東急リゾート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤英明)が会員権販売を行っている。

東急不動産のホテル事業は、軽井沢にて展開が進んでいる。2001年7月に「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢」、2007年7月に「東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢アネックス」、2018年4月にヒルトン本初進出のブランドホテル「KYUKARUIZAWA KIKYO, Curio Collection by Hilton」が開業した。

「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」は、JR北陸新幹線「軽井沢」駅から車で約8分の軽井沢・塩沢エリアに位置し、約5万平方メートルの広大な敷地に開業した。同一施設内で2つの会員権(クラブ)がある『&VIALA』シリーズの第4弾となる。客室は、夫婦から三世代までバリエーション豊かに取り揃えた「ハーヴェスト」と、全客室バイブラバス付きで寛ぎにこだわった「VIALA」の2タイプを用意した。会員権募集においても、総募集口数の8割以上の販売が終了し、当初の予想を大きく上回るペースで販売が進んでいる。

東急不動産のリゾート事業では、「自然と人間の共存と調和」を基本理念に、自然環境に配慮した施設計画を進めている。新ホテルにおいては、土地の原風景をホテルの魅力として取り込んでいる。中庭には趣の異なる2つの庭を配置した。一方は明るく緑が広がる開放的な庭(グリーンフィールド)、もう一方はひっそりとした軽井沢のイメージを踏襲した樹木豊かな庭(ガーデン)を設け、敷地の緑化で周辺の自然に溶け込む設計としている。建物は軽井沢ならではの低層設計で、客室や露天風呂付き大浴場、レストランなどから浅間山を眺望できる。

ホテルは、豊かな緑に包まれた塩沢湖を中心に「自然・芸術・文学」と「遊ぶ」が融合したレジャー施設『軽井沢タリアセン』に隣接し、宿泊者はホテルで交付する専用入園チケットで『軽井沢タリアセン』に入園できる。このほか、周辺には「ムーゼの森」「軽井沢千住博美術館」などがあり、散策しながら芸術を楽しめる施設が多く集まる。通年型のカーリング場がある「軽井沢風越公園」や、地元の農産物直売所「軽井沢発市庭」などもあり、このたびのホテル開業でさらなる地域活性化に寄与していくという。

また、ホテル開発にあたり地域とのつながりを重視し、エステ運営は株式会社アンジェラックスプランニング(本社:長野県長野市、代表取締役:池田緑)を起用した。加えて、地域の交通インフラの主要会社である西武バス株式会社(本社:東京都豊島区、取締役社長:新田力)と連携し、施設内にバス停を設置した。

■「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」概要
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町長倉291
アクセス:軽井沢駅より車で約8分(約5km)、碓氷軽井沢I.Cより車で約15分(約10km)
開業時期:2018年7月20日
客室数:176室(内10室は東急不動産保有分)
<HVC 対象客室>127室、<VIALA 対象客室>49室 ※いずれもペットと泊まれる客室を用意
構造・規模:鉄筋コンクリート造、鉄骨造 地上2階、地下2階建
敷地面積:50,078.90平方メートル(建築確認対象面積)
主要施設:ラウンジ、レストラン、ショップ、大浴場、家族風呂、屋内プール、エステサロン、駐車場他
公式サイトはこちら

【参照記事】
軽井沢の自然に溶け込む会員制リゾート/東急不
【参照サイト】
ここから、軽井沢の愉しみ方が変わる。 「東急ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA」~2018年7月20日開業~
【コーポレートサイト】
・東急不動産株式会社
・株式会社東急リゾートサービス
・東急リゾート株式会社
・株式会社アンジェラックスプランニング
・西武バス株式会社
【サービスサイト】
・東急ハーヴェストクラブ
・VIALA
・東急ハーヴェストクラブ旧軽井沢/旧軽井沢アネックス
・KYUKARUIZAWA KIKYO, Curio Collection by Hilton
・軽井沢タリアセン
【関連記事】
・プリンスホテル、「プリンス バケーション クラブ」の第一弾を2019年7月に軽井沢に2施設開業。
・ヒルトンの日本初進出ホテルブランド「キュリオ・コレクション」が2018年春に軽井沢でオープン
・東急不動産、老舗「旧軽井沢ホテル」買収。活発なホテル開業の動き
・東急不動産ホールディングス、旧軽井沢ホテル買収。高級ホテル事業本格展開へ
・「東急ステイ」が沖縄初進出、ツインルームを主体としたホテルを那覇市に2019年冬開業予定。
・沖縄本島と瀬良垣島が繋がるリゾート「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」が8月21日オープン。
・東急不動産、大阪・本町地区でマンション併設のホテル建設

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で