楽天LIFULL STAYとハイアスが提供する戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」の第一号店が松江市に開業。

楽天LIFULL STAYとハイアスが提供する戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」の第一号店が松江市に開業。

楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田宗克)と、ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:濵村聖一)が提供する、戸建型宿泊施設『Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE』を活用した宿泊施設の第一号店『Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE 松江』が、5月29日より島根県松江市にて営業を開始した。

両社は、2017年12月に業務提携をしている。『Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE』は、民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービスである「Rakuten STAY」と、ハイアスが全国の会員企業に事業支援を行う高性能戸建賃貸住宅「WILL STYLE」のコラボレーションにより生まれた施設だ。

インバウンドの観光需要増加に伴い、近年は宿泊施設の不足が懸念されている。しかし、敷地などの問題で従来のホテル建設では展開が難しい場合があった。『Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE』は、さまざまな場所に効率的に施設展開できることに加え、新たな宿泊需要を地域に生み出すことができるという。このたび第一号店を開業した島根県も、出雲大社・足立美術館・松江城など豊富な観光スポットがあり、さらに多くの宿泊需要を見込めるエリアであると考え、施設の展開を決定したという。

『Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE 松江』は、施工パートナー企業であるハウジング・スタッフ株式会社(本社:島根県松江市、代表取締役:平儀野好美)がオーナーとなり、楽天LIFULL STAYが施設の清掃やカスタマーサポートなどの運用代行サービスを担う。旅館業法における簡易宿所として運営され、楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:山田善久)の「あんしんステイIoT」を導入している。タブレット端末でチェックイン時の本人確認や鍵の管理、宿泊者のサポートを簡単に行えるため、オーナーおよびユーザー双方の負担を減らせるという。

JR松江駅南口から徒歩10分の場所に位置する同施設は、2階建て・3LDKで最大5名が宿泊できる。家族や友人グループで宿泊するゲストにとって、利便性の高い設備が充実している。2つのベッドルームと和室、電子レンジ・冷蔵庫・食器類などを揃えたキッチン、専用の駐車場、インターネット環境などを用意している。

両社は今後について、「全国の施工パートナーと共に、一戸建ての快適さと高品質な宿泊施設を提供していくことで、日本の観光立国推進に貢献してまいります。」と述べている。

■「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE 松江」概要
所在地: 島根県松江市雑賀町240番地
開業日: 2018年5月29日
宿泊料金:1泊20,000円(税抜)より※価格は時期、宿泊予約サイト等により変動
予約方法:国内外の宿泊予約サイトより予約可能(予定)※5月28日(月)時点ではBooking.comより予約可能
定員:最大5名
敷地面積:約145平方メートル
間取り:3LDK(約70平方メートル)
主な施設・設備:ベッドルーム 2室(それぞれにダブルベッド1台 等)
和室(座布団、ローテーブル、布団セット2組 等)
リビング(テレビ、ソファ、ローテーブル 等)
キッチン(ガスコンロ、シンク、冷蔵庫、電子レンジ、食器、調理器具、テーブル 等)
バスルーム(バスアメニティー、ヘアドライヤー、スリッパ、洗濯機 等)
玄関(傘立て、靴箱、スマートロック、スーツケース置き場、タブレット端末 等)
ウッドデッキ
駐車場(2台分)
消火設備(消火器1台、火災探知機 等)

【参照記事】
松江に戸建て宿泊施設 楽天系など 29日開業
【参照サイト】
楽天LIFULL STAYとハイアスが提供する戸建型宿泊施設 「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」の1号店がオープン
【コーポレートサイト】
・楽天株式会社
・株式会社LIFULL
・楽天LIFULL STAY株式会社
・ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
・ハウジング・スタッフ株式会社
・楽天コミュニケーションズ株式会社
【サービスサイト】
・Rakuten STAY
・WILL STYLE
・Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE
・あんしんステイIoT
【関連記事】
・宅都ホールディングスが民泊事業に参入、楽天LIFULL STAYと提携しサブリースで運用。
・楽天LIFULL STAYが民泊物件の登録開始、6月中旬に不動産オーナー向けの「民泊事業スタートパック」を提供予定。
・【速報】本日、楽天LIFULL STAYとクラウドリアルティ業務提携。クラウドファンディングを活用した宿泊施設の開発・供給へ
・楽天LIFULL STAY、3月15日より民泊施設の登録受付開始。楽天トラベルや Booking.com等への掲載も可能に
・【速報】楽天LIFULL STAY、戸建賃貸ネットワーク大手のハイアスと業務提携。民泊向け戸建型宿泊施設の供給へ
・楽天LIFULL STAY、世界最大の宿泊予約サイトBooking.com と民泊事業で業務提携
・楽天ブランド「Rakuten STAY」運用開始。合法民泊のコンサルから運用代行サービスを提供
・楽天LIFULL STAY、 台湾と中国の民泊サイトと業務提携。民泊シェア獲得へ

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

太陽光の「TRENDE」

太陽光発電を無料で設置して、電 気代を10%カット。「ほっとでんき」

詳細を見る

初めての不動産投資なら...

1万円から始める、クラウドファンディング型の不動産投資「SAMURAI」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国の一室から、建物一棟まで様々な宿泊施設の運営代行を行う「オックスコンサルティング」

詳細を見る