ヒノキヤグループがホテル事業に参入、第一弾となる「レジデンシャルホテル IKIDANE 町屋」をオープン。




ヒノキヤグループがホテル事業に参入、第一弾となる「レジデンシャルホテル IKIDANE 町屋」をオープン。

注文住宅を中心とした不動産販売、介護・保育事業などを手掛ける株式会社ヒノキヤグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤昭)の子会社であるフュージョン資産マネジメント株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:矢口真一、以下:フュージョン)が、訪日外国人旅行者向けのホテル事業に参入した。

第一弾として、2018年4月28日に『レジデンシャルホテル IKIDANE 町屋』を開業した。フュージョンは、日本国内で1室に4~6人が宿泊できる施設が不足していることや、6月15日施行の住宅宿泊事業法(民泊新法)が民泊事業者や宿泊客に影響を与えると予測し、特に増加が見込まれるアジアのファミリー層を対象とした同ホテルを開業したという。

同ホテルは町屋駅から徒歩5分に位置し、地上7階建てで最大収容人数は100名だ。成田空港や上野・浅草エリア、都心へのアクセスも良く、多くの訪日外国人の滞在が期待される。和のテイストを取り入れており、ベッドのみで5名が宿泊できる客室や、ベッドと畳がある客室などを用意している。

同ホテルの集客・運営は、株式会社IKIDANE(本社:東京都新宿区、代表取締役:中西勇治)に委託する。IKIDANEが運営する、数百万人以上の読者を持つ訪日外国人向け観光情報サイト「IKIDANE NIPPON」と連携して、高い集客力の実現と着実なノウハウの蓄積を目指す。また、企画・開発は霞ヶ関キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:河本幸士郎)が担い、ホテルを活用したポートフォリオの構築と、ファンド等への組み入れでの連携も視野に入れているという。

東京オリンピックを控える首都圏において、訪日外国人旅行者とその消費額が増加することも見込まれる。フュージョンは今後、団体旅行から個人旅行へと需要が変化することを受けたホテル事業の推進を計画し、複数の開発案件に取り組むという。

■「レジデンシャルホテル IKIDANE 町屋」概要
所在地:東京都荒川区町屋一丁目6番9号
アクセス:地下鉄千代田線「町屋」駅、京成本線「町屋」駅から各徒歩5分
客室数:6人部屋×6室、5人部屋×12室、4人部屋×1室

【参照記事】
住宅事業会社がホテル事業に参入、訪日するアジア家族客を狙い4~6名定員の客室で-ヒノキヤグループ
【参照サイト】
ヒノキヤグループ、ホテル事業に参入 フュージョン資産マネジメントが「レジデンシャルホテル IKIDANE 町屋」を開業
【コーポレートサイト】
・株式会社ヒノキヤグループ
・フュージョン資産マネジメント株式会社
・株式会社IKIDANE
・霞ヶ関キャピタル株式会社

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で