ブルガリ ホテルが日本初進出、東京駅至近の複合ビル内に2022年末開業予定。




ブルガリ ホテルが日本初進出、東京駅至近の複合ビル内に2022年末開業予定。

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)とブルガリ ホテルズ&リゾーツは、東京駅前の再開発エリアで建設予定の複合ビル内に、日本初の『ブルガリ ホテル』となる「ブルガリ ホテル 東京」を2022年末に開業予定であると発表した。

また、総合不動産サービスの大手であるJLL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河西利信)が、三井不動産のホテルオペレーター選定と契約交渉のアドバイザーとして、このたびの『ブルガリ ホテル』の契約締結を支援したことを発表した。

ブルガリ ホテルズ&リゾーツは、ミラノ・ロンドン・バリ・北京・ドバイでラグジュアリーホテルを展開している。今後は2018年に上海、2020年にモスクワとパリに開業予定だ。「ブルガリ ホテル 東京」は9軒目となる。

新ホテルは複合ビルの39階~最上階の45階に展開し、東京駅の至近距離に位置する。皇居などの観光名所や、日本橋・銀座といったショッピングエリアが徒歩圏内にある。日本橋・丸の内などの金融・ビジネス街も近いため、ビジネスでの滞在にも理想的なロケーションだ。

ツイン・ダブルルームを中心に、ラグジュアリーなスイートや究極のブルガリスイートまで、多彩な客室を98室備える。従来の『ブルガリ ホテル』と同様に、インテリアデザインはイタリアの建築設計事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールが手掛ける。洗練されたイタリアン・スタイルのエッセンスを取り入れつつ、機能的にも優れた空間だという。

ホテル内にはバーやレストラン、暖炉のあるラウンジなどを設け、『ブルガリ ホテル』のアイコン的な空間すべてにアウトドア・テラスを備えている。ブルガリのハンドメイド高級チョコレートショップ「イル・チョコラート」や、広々とした野外スペースのあるボールルームも備えた。さらに、1,500平方メートルのブルガリ・スパもあり、最先端のフィットネスジムと25メートルの屋内プールを併設する。

ブルガリのCEOであるジャン-クリストフ・ババン氏は、「三井不動産という日本の不動産産業のリーディングカンパニーとパートナーシップを組めたことを光栄に思います。また私どもの妥協なきコンテンポラリーなイタリアン・スタイルが受け入れられ、日本の高級ホテル市場において魅力的な体験をお届けできるものと確信しています。」と述べている。

■「ブルガリ ホテル 東京」概要(予定)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目1番、2番の一部及び3番 39階~45階
延床面積:約19,000平方メートル
客室数:98室
付帯設備:バー、レストラン、スパ、プール、ボールルーム、チャペル等
開業日:2022年末

■八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 計画概要(予定)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目1番、2番の一部及び3番
敷地面積:約13,400平方メートル
建物着工:2018年11月
建物竣工:2022年8月
延床面積:約293,000平方メートル
主要用途:オフィス、ホテル、店舗、小学校、バスターミナル、交流施設等

【参照記事】
ブルガリ ホテルが日本初開業、東京駅前の再開発地区に
【参照サイト】
・東京駅至近の立地 ラグジュアリーな空間が誕生 2022年「ブルガリ ホテル 東京」開業合意 ~ ブルガリ ホテルズ & リゾーツ日本初進出 ~
・JLL、「ブルガリ ホテル 東京」の出店契約交渉について三井不動産を支援
【コーポレートサイト】
・三井不動産株式会社
・ブルガリ ホテルズ&リゾーツ
・JLL
【関連記事】
・2018年9月13日「三井ガーデンホテル日本橋プレミア」開業、老舗料亭「浅田」がホテル初進出。
・三井不動産、ディスティネーション型ホテルを銀座に開業。京都に続く第2号店
・三井ガーデンホテル、訪日外国人に向けて、客室テレビを活用した観光サービス配信
・福岡初の三井ガーデンホテル着工。JR博多駅徒歩7分、2019年夏開業予定
・三井不動産グループ、滞在主体型最上位ブランド「ザ セレスティンホテルズ」開業へ
・三井不動産、台湾ホテル市場進出へ。宿泊特化型ホテル2020年開業予定
・三井不動産、豊洲に大規模複合施設建設へ。上層階にグループ直営ホテル開業予定

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で