オリックス不動産「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」を6月に開業、予約受付中。




オリックス不動産「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」を6月に開業、予約受付中。

オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区 取締役社長:高橋 豊典)は、沖縄県北谷町(ちゃたんちょう)に「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」を2018年6月に開業する。

「ダブルツリーbyヒルトン」はすでに沖縄で2軒開業しており、今回発表したのは日本初進出のダブルツリーブランドのリゾートホテルだ。日常にはないリゾート感あふれる滞在を楽しめる。

ホテルの運営はヒルトン(本社:米国ヴァージニア州マクリーン 取締役社長兼最高経営責任者:クリストファ・J・ナセッタ)に委託する。敷地面積は11,397.07m²(3,447.61坪)、延床面積は11,153.64m²(3,373.97坪)、地上5階建て、全160室。

ホテルの設計施工は株式会社大林組(本社:東京都港区 取締役社長:白石達)、デザインは光井純&アソシエーツ建築設計事務所株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役:光井純)が監修。街並みと調和するよう、白色や琉球石灰岩色を基調とし、アクセントカラーに北谷の海をイメージした翡翠色を採用した。

沖縄西海岸の美しい海に面した立地で、美浜アメリカンビレッジから徒歩圏内にあり、ショッピングや食事にも気軽に出かけられる。2014年7月に開業した「ヒルトン沖縄北谷リゾート」が隣接し、宿泊者は同リゾート内の2つの屋内・屋外プールやスパ、宴会場などの各施設を利用できる。

全客室のうち、約6割は東シナ海に面したオーシャンビューだという。スイートルームは4室あり、波際の特等席をイメージし目の前には北谷の海が広がる。また、ゆったりと海風を満喫できる大型テラス付きの客室が24室ある。施設内には、天井高約5.6mの開放的なラウンジ、ビュッフェ形式のレストラン、海を一望できるルーフトップバーなどがある。

「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」の開業日は決定次第発表されるが、2018年1月26日より、公式ウェブサイトで2018年7月1日以降の予約受付を開始している。

■「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」概要
所在地:沖縄県中頭郡北谷町字美浜43番、47番(地番)
アクセス:那覇空港より車で約45分
開業時期:2018年6月
客室数:160室
館内施設:ラウンジ、レストラン、プール、テイクアウトカフェ、ルーフトップバーなど

【参照記事】
・【オリックス不動産】日本初進出、世界ブランドのリゾートホテル 『ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート』2018年6月開業決定
・日本初進出のリゾートホテル「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」が6月開業
・「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」、6月開業 予約受付開始
【コーポレートサイト】
・ヒルトン
・ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート
・オリックス不動産株式会社
・株式会社大林組
・光井純&アソシエーツ建築設計事務所株式会社

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で