インターコンチネンタルグループ、箱根に全室温泉付の日本初進出ブランドオープン

インターコンチネンタルグループ、箱根に全室温泉付の日本初進出ブランドオープン

インターコンチネンタルホテル、ホリデーインなどを展開するインターコンチネンタル ホテルズグループ(以後IHG)が「ホテル インディゴ 箱根・強羅」を2019年に開業することを発表した。

「ネイバーフッドストーリー」というコンセプトを持つ当該ブランドは、日本初進出。IHGのブランドのなかでは「Full Service」と「Limited Service」の中間、「Luxuary」クラスの「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」「キンプトンホテルズ&レストラングループ」に続く「Upper Up Scale」に当てはまる。

世界中で80軒展開されているが、それぞれが立地する地位の文化、特徴から抽出されたエッセンスをホテルのデザインやアートワーク、レストランのメニューなどに反映し独自性を持っており、「1つも同じホテルは存在しない」「ユニークなブティックホテルとして、親しみやすい魅力的な雰囲気と個人の希望に添ったサービス」を提供するブランドという。

大和ハウス工業株式会社がデベロッパとして開発、宿泊施設などを経営するGHS株式会社が、IHGの日本国内運営会社であるIHG・ANA・ホテルズグループジャパンと運営を担う。宿泊料金は、すでに展開中のインディゴブランドのホテルに近い2万5,000円から3万円程度になる見込みだ。

ハイリガーズ氏は、「インディゴブランドは日本で必ず成功するブランドになっていくと思います。日本のあらゆるデスティネーションに展開して、多くの旅行者を助けるブランドでありたいと思います」と意欲を見せており、今後他エリアでの展開も期待できそうだ。

【参照記事】
全室温泉付きの「ホテル インディゴ 箱根・強羅」2019年開業。インターコンチネンタル ホテルズグループの日本初進出ブランド

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で