東京銀座朝日ビル竣工、アジア初の「ハイアット セントリック」 来年1月開業へ




東京銀座朝日ビル竣工、アジア初の「ハイアット セントリック」 来年1月開業へ

株式会社朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:渡辺 雅隆氏)が開発していた「東京銀座朝日ビルディング」が10月15日に竣工、来年1月22日にはアジア初上陸となるライフスタイルホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」が開業する。

同ビルは、同地にあった旧・東京朝日ビルディングの建て替えで2016年2月に新築工事に着手していた。東京メトロ銀座駅(日比谷線・丸ノ内線・銀座線)徒歩3分、JR有楽町駅、新橋駅徒歩7分、老舗店が集結する並木通りに位置する。

1、2階はメゾネットで3区画。国内最大級となる「ロレックス ブティック レキシア 銀座並木通り本店」が11月15日(水)、1955年創業の老舗セレクトショップ「サンモトヤマ銀座本店」が11月17日(金)、「ルイ・ヴィトン銀座並木通り店」が来年1月20日(土)にそれぞれオープンする。

3~12階に「ハイアット セントリック 銀座 東京」が入居し、オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 豊典氏)が、ハイアットの関連会社であるハイアット インターナショナル アジアパシフィック リミテッドとホテル運営受委託契約を締結し経営する。3階がダイニング&バー、4階がレセプションやライブラリ、5~12階が計164室の客室となる。最上階の「ナミキ スイート」(127㎡)には、銀座の街が一望できるテラスやダイニングスペースがあり、イベントやパーティーなども対応可能。並木通りに面した計8室のジュニアスイート(77㎡)の他、デラックス(47㎡)、スタンダード(35㎡)が用意されるという。

「ハイアット セントリック」はハイアットの最新ライフスタイルホテルブランドとして2015年に誕生。現在はシカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミなど米国の主要都市やリゾート地を中心に計16軒を展開している。

今年4月に松坂屋跡地にオープンした「GINZA SIX(銀座シックス)」の影響もあり、訪日外国人をはじめかなりの人気を集める銀座。ハイアットブランドの進出で、国外からさらなる注目を集めそうだ。

【参照リリース】
・「ハイアット セントリック」がアジア初上陸!「ハイアット セントリック 銀座 東京」 2018年1月22日開業決定
・東京銀座朝日ビルディングが竣工、本日竣工式
【サービスサイト】
ハイアット セントリック 銀座 東京

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で