バグース新規事業、“グランピング”を思わせるカプセルホテル、2017年10月オープン




バグース新規事業、“グランピング”を思わせるカプセルホテル、2017年10月オープン

ダイヤモンドダイニンググループの株式会社バグース(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢口 健一氏)は、2017年10月17日に新規事業となるカプセルホテル「GLANSIT AKIHABARA(グランジット アキハバラ)」をオープンする。施設は、秋葉原駅徒歩3分の好アクセスで、地下1階、地上10階建てのビル一棟。スタイリッシュな内装と最先端の設備を有したカプセルホテルを提供する。

GLANSITとは、快適な設備のもと、優雅に自然を満喫できる贅沢なキャンプ「グランピング」と目的地に行く途中で立ち寄る、中継することを意味する「トランジット」を掛け合わせた造語。多様な目的を持つゲストの都市活動の拠点となる、自然をモチーフにした安らぎある空間として、新たなホテルの価値を提案する。

パーソナルスペースの「カプセルベッド」には、東京西川と共同開発したオリジナルマットレスを完備。快適な睡眠を追及し、“体圧分散” “寝姿勢保持”の機能を高め、極上の眠りへ導く。またプレミアムシートとして半個室タイプの部屋もあり、デスク付きでパソコン作業も可能だ。
インターネットカフェ運営のノウハウを生かした、男女別のフリーラウンジは、24時間利用可能で、高速WI-FI、新聞、雑誌、書籍、ドリンクサーバーを完備。デスクワークや、休憩、グループでの会話などカフェ施設としても利用できる。

利用プランは、滞在時間をフレキシブルに選べるプランを導入。3,500円~とリーズナブルな価格設定の宿泊プランがあり、チェックインからチェックアウトまでの滞在時間を17、21、22、26時間から選択できる。また、休憩や仮眠、シャワーなど短時間利用に最適な980円~の休憩プランもあり、1、3、5、8時間から選択可能だ。

チェックイン・チェックアウトは、オートフロント機で予約を検索できるシステムを導入。多言語対応で、外国人旅行客にも機能的なシステムだ。各フロアは、男女別に分けられており、ICドアによる入場制限の設備を完備。ベッドフロアだけでなく、大浴場やラウンジといった共有スペースでも異性を気にすることなく、安心・快適に過ごせる。

バグースは、2020年東京オリンピック開催に向けた訪日外国人旅行者を見据え、カプセルホテル事業の参入に踏み切った。複合アミューズメント施設やインターネットカフェ事業を全国で展開するなど、基本的な運営ノウハウを持つ一企業でもある。来年度以降も主要首都圏を中心に展開を加速させていく方針だ。

【参照記事】
秋葉原駅から徒歩3分!“グランピング”を思わせる自然をモチーフにしたカプセルホテル誕生!『GLANSIT AKIHABARA』2017年10月17日(火)グランドオープン!
【コーポレートサイト】
株式会社バグース
【サービスサイト】
GLANSIT AKIHABARA

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で