プリンスホテル、初の名古屋進出。10月2日、名古屋プリンスホテル スカイタワー開業




プリンスホテル、初の名古屋進出。10月2日、名古屋プリンスホテル スカイタワー開業

株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:赤坂 茂好氏)は、プリンスホテル初の名古屋進出となる「名古屋プリンスホテル スカイタワー」(名古屋市中村区、客室数170室)を10月2日にオープンする。オープンに先立ち、24日、説明会が開かれた。

プリンスホテルの取締役常務執行役員西日本エリア統括総支配人の小山正彦氏は、「今後西日本エリアでは、既存ホテルと今後オープンする2つのホテル、ゴルフ場を合わせ9つの施設を運営していく。西日本の主要都市における国内外の観光ビジネスの拠点となるべくホテルを目指し、インバウンド、MICE、国内の富裕層・アクティブシニア層の宿泊者獲得に注力する」と今後の展望を語った。

名古屋プリンスホテル スカイタワーは、あおなみ線「ささしまライブ」駅直結、JR「名古屋」駅徒歩12分という好立地。ささしまライブ24地区内「グローバルゲート」内に建つウエストタワー31~36階に位置する。客室はスタンダード(32.3・32.8平方メートル)151室、デラックス(59.5平方メートル)9室、プレミアム(79.4平方メートル)9室、ユニバーサル(78.0平方メートル)1室、合計170室。コンセプトを「空の浮きふね」とし、エントランスロビーを「船出」とし、30平方メートル吹き抜けロビーフロアには、スカイダイニング、クラブハウスを併設し「船上」に。32~36階の客室を「船室」に見立てている。

新幹線開業などによるインフラ整備を確立し、海外拠点の拡充などをすることで、インバウンドの宿泊者を獲得し、また、客室改装やクラブフロアやクラブラウンジの導入などによる滞在価値の向上によって富裕層・アクティブシニア層の取り込みを図っていくという。
 
今回のオープンで、名古屋の新たな拠点が増えるため、東京を訪れた観光客が軽井沢、金沢、京都、広島、その先の九州まで見据えた観光ルートの確立が期待される。

【参照記事】
名古屋にプリンスホテル初進出。10月2日オープン
【コーポレートサイト】
株式会社プリンスホテル

(HOTELIER 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で