国内初、千葉にコンテナ型ホテル投資事業モデル1号店開発

建築用コンテナモジュールのトップメーカである株式会社デベロップ(本社:千葉県市川市、代表取締役:岡村 健史氏)は、ホテル型投資事業モデル1号店として開発した、国内初のコンテナ型モジュール建築「Casual Resort COFF Ichinomiya(カジュアルリゾート コフ イチノミヤ)」を、千葉県長生郡一宮町にオープンすることを明らかにした。開業は、2017年8月3日を予定。

デベロップは、安全性・経済性に優れた建築用コンテナモジュールの製造・活用ノウハウを活かし、さまざまな不動産開発や「ストレージ王」ブランドのトランクルーム等の投資物件を開発している。また、デベロップが出資するTube株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:神田 健氏)は、2017年4月より中部国際空港セントレア・ターミナルビル内で営業するカプセルホテル「TUBE Sq(チュウブ・スクウェア)」の開発を通じ、ホテル事業の様々なノウハウの取得に取り組んできた。

それらで得た開発・運営ノウハウを活かし、デベロップならではの投資物件の開発として、建築用コンテナモジュールによるホテル事業開発1号店のオープンとなった。2号店の開発にも既に着手し、ホテル開発を当社の新たな事業の柱の一つとすべく取り組んでいるという。

【Casual Resort COFF Ichinomiyaの概要】
「Casual Resort COFF Ichinomiya(以下「COFF」)」が所在する千葉県長生郡一宮町は、九十九里浜に面した風光明媚な土地で、その波質の良さから世界中のサーフィン愛好者に広く知られている。2020年のサーフィン会場にも選ばれ、ますます国内外からの注目を集める中、世界各国からのお客様をお迎えする場所にふさわしい質の高い宿泊サービスを提供できるとデベロップは考えている。

COFFは、長年企業の保養所として利用されてきた築30年の木造家屋をリノベーションした母屋の隣に、40フィートタイプのコンテナモジュールを2段に積み上げた11棟の離れ(コテージ)を配し、プライベート性と宿泊客相互の交流をともに楽しめる造りとしている。土地が持つ魅力、都心からのアクセスの良さ、斬新な建物に泊まる体験などから、家族や友人同士で気軽にリゾート気分を味わえる「Casual Resort」をCOFFのメインコンセプトとしたという。コテージ棟の一部はペットの同伴も可能だ。

【参照プレスリリース】
国内初、コンテナ型モジュール建築によるホテル型投資事業モデル1号店を開発

(HOTELIER編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る