渋谷代官山Rプロジェクト着工、76室のホテル来秋開業へ。再開発事業すすむ




渋谷代官山Rプロジェクト着工、76室のホテル来秋開業へ。再開発事業すすむ

東京急行電鉄株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:野本 弘文氏)による「渋谷代官山Rプロジェクト」が着工し、来秋には76室のホテルをはじめ保育所などを持つ複合施設がオープンする。

同プロジェクトは、東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転で東横線渋谷駅が地下化したことで使われなくなった線路の跡地を活用する再開発事業だ。区道を挟んだ全長70mと110mにわたる2つの敷地に、保育所(A棟)、ホテル・事務所・店舗の複合施設(B棟)を建てる。A棟は、延床面積1,248平方メートル、鉄骨造地上3階建て。B棟は、延床面積4,392平方メートル、鉄骨造地上7階建て。ホテルは、約2,000平方メートルに76室で、シティホテルやビジネスホテルではない、さまざまなタイプの客室を整備したホテルを検討しているという。

訪日外国人にも人気の渋谷エリアだが、近隣の新宿に比べると宿泊施設の供給は少ない。多くのホテルは駅徒歩10分以上の立地であるが、地代の高さも影響し1泊14,000円~30,000円程度と高価格が目立つ。

結婚式のトータルプロデュース会社として有名な、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岩瀬 賢治氏)は、同社初となるホステルを5月13日に渋谷駅から徒歩約7分の地にオープンする予定だ。建物は地上4階、地下1階建てで全15室。渋谷のホテル事業にとって明るい話題が続く。

東急電鉄と東急不動産が推進する駅周辺の再開発事業も進行中の渋谷。キャットストリート入り口には「渋谷キャスト(SHIBUYA CAST.)」が4月28日に開業、旧東横線渋谷駅および線路跡地には「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」が2018年秋に開業予定だ。これらの施設に加え渋谷代官山Rプロジェクトの2施設が開業すれば、原宿、渋谷、代官山が繋がり、回遊率の大幅な向上が見込まれている。

【参照】
東急東横線・渋谷~代官山間線路跡地で再開発着工 ホテルや保育所も、来秋開業へ
渋谷キャスト、4月28日に開業/東急電鉄
T&G、初のホテル「TRUNK(HOTEL)」を東京・神宮前に5月開業 ソーシャライジングがコンセプト

(HOTELS.Biz 編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で