[確報-2016年第3四半期] 日本の不動産投資額は前年同期比19%減の8,870億円

総合不動産サービス大手のJLL(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 河西利信)は、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン・キャピタル・フロー 2016年第3四半期」を発行したと発表した。

2016年第3四半期の世界の商業用不動産投資額は、速報ベース※1で前年同期比5%減の1,630億ドル(約17兆2086億円)、2016年1月〜9月の投資額は、前年同期比8%減の4,540億ドル(約47兆9307億円)となった。総合不動産サービス大手のJLL(本社: 米国シカゴ、最高経営責任者(CEO)兼プレジデント: クリスチャン・ウルブリック、NYSE: JLL、以下: JLL)が投資分析をまとめている。
※1 速報値であり、今後変更の可能性有。

日本の2016年第3四半期の投資額は、前年同期比13%減の78億ドル(円建てで前年同期比19%減の8,870億円※2)。また、2016年1月〜9月までの投資額は前年同期比12%減の249億ドル(円建てで前年同期比18%減の2兆7,900億円※2)。
※2016年7月から9月の平均為替レートを採用(1ドル=113.64円)

JLLは2016年の世界の商業用不動産投資額の見通しを6,100〜6,300億ドル(約64兆4,003億円〜66兆5,118億円)としており、世界の商業用不動産投資をまとめたレポート(確報)と、日本の不動産投資に特化した分析レポート「ジャパン キャピタル フロー (Japan Capital Flows)」を10月下旬に発行予定。

■ハイライトは以下の通り。
■2016年第3四半期の世界の投資額は、前年同期比5%減の1,630億ドル(約17兆2086億円)
■2016年1〜9月の投資額は、前年同期比8%減の4,540億ドル(約47兆9307億円)
■2016年第3四半期各地域の投資額
・アメリカ大陸は投資活動が回復。前年同期比2%増の780億ドル(約8兆2347億円)
・EMEAは前年同期比16%減の530億ドル(5兆5954億円)。ロンドン市場の減速が主要因となり、3地域の中で唯一投資額が減少。現地通貨で30%減
・アジア太平洋地域は、前年同期比3%増の320億ドル(3兆3783億円)。中国市場が活発だった一方、日本とオーストラリアは市場案件の不足により取引額は減少

JLLリサーチ事業部長赤城威志氏は、投資需要自体は引き続き極めて高い状態だが物件の市場供給が限定的な状態が続いていると指摘。JLLでは日本の通年不動産投資額は昨年比10〜15%減の3.5〜3.7兆円程度となると予測しているという。

【参照】
[確報-2016年第3四半期] 日本の不動産投資額は前年同期比19%減の8,870億円
[速報-2016年第3四半期]世界の不動産投資額、前年同期比5%減の1,630億ドル 日本は13%減の78億ドル(円建てで19%減の8,870億円)

(HOTELS.Biz 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る