Booking.comがホステル業界の最新トレンドを発表、日本のホステルは日本国内からも予約多数

世界最大級の宿泊予約サイトBooking.comの日本法人であるブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社は2019年12月3日、ホステル業界の最新トレンドを発表した。

Booking.comは2000年に初めてのホステルが登録されてから、3万3,000軒以上が登録されている今日に至るまで、伝統的なユースホステル、ヨガ・リトリート、ジャンボジェット機を利用した宿、ポッシュテル(高級ホステル)など、他の旅行代理店やウェブサイトではなかなか見かけないユニークな滞在先の数々をユーザーに提供してきた。

そしてこの度、ブッキング・ドットコム・ジャパンではホステルの人気が継続して高いことを受け、ユーザーはどの目的地への旅行を計画し滞在中どんなことがしたいのか、そして同社が旅に精通したホステルユーザーに訴求するためにプロダクトをどう改善していけるのかなど、共同宿泊施設(他の旅行者とシェアするタイプの宿)に関するトレンドを調査・分析し、その結果を発表した。

世界的に見ると、ホステルの予約者は定番の観光地を旅する予定であることが多く、ブッキング・ドットコムで2019年にもっとも多く検索された目的地にもバルセロナ・アムステルダム・プラハ・ロンドンなど有名どころが挙がる。ただし、最近は知名度がそれほど高くない旅先を訪れる「穴場旅」が人気を集めはじめており、ホステルを予約するユーザーの間でもそれが同様にトレンドになりつつある。

「穴場旅」については、同社が2019年10月に発表した『2020年の旅行のトレンド予測』の中で、知名度がそれほど高くない旅行先を訪れることで、オーバーツーリズム(観光客の著しい増加)の回避や環境の保護を図る「穴場旅」が人気を博すことが予測されるとしている。日本についても「回避先に近隣の穴場や他の場所を探す旅行が考えられます」と述べている。

2018年、ホステルの予約者数がもっとも大きい伸び率を見せた目的地には、コロンビア・ボゴダの西側にあるアンデスの町サレント、3つの火山に囲まれたペルーのアレキパ、日本の札幌、ベトナムの港町ダナン、サンゴ礁や白い砂浜で有名なフィリピンのエル・ニドなどがあった。

ホステルは、何よりもその温かい雰囲気が特長である。そのため旅先が国内であっても、国外であっても、多くの人がしばしば滞在先にホステルを選ぶ。世界的に見ると、ホステルの予約者が選ぶ人気の旅先はスペイン・日本・ロシア・イギリス・タイなどが挙げられるが、日本の予約者の間では日本国内での予約が多いほか、韓国・タイ・台湾・アメリカなどが人気だ。

また、旅行熱を満たすため、そして予算や休日を有効活用するためなど理由は様々だが、ホステルの予約者は休暇を最大限に楽しむために、一度の旅行で複数の目的地を訪れることも多いようだ。ホステルの予約者にもっとも人気の目的地の組み合わせは以下の通りである。

  • 京都、大阪、東京
  • ブダペスト、プラハ、ウィーン
  • リガ、タリン、ビルニュス
  • バンコク、チェンマイ、パーイ
  • クスコ、リマ、マチュピチュ

同社が行った最近の調査では、世界中の旅行者の33%、日本の12%が「旅行中に少なくとも1回はホステルに宿泊したい」と回答し、その理由を「旅行に社会的な側面を持たせるため」としている。Booking.comに掲載されているホステルは、25%以上がウォーキングツアーを提供している。その他、数多くのホステルもハッピーアワーや現地の文化体験、ムービーナイト、ライブ演奏など幅広いアクティビティを提供し、旅行者がコミュニケーションの場を楽しめるよう尽力を続けている。

カクテル作りのレッスンで他の旅行者とグラスを傾けたり、自転車のツアーで市内を回ったりなど、ホステルに泊まるだけで様々な体験ができ、旅はきっともっとドラマチックなものになるだろう。同社は「これこそが、2019年のホステル予約者の実に53%を、新しい人との出会いや体験のシェアなどを求めるひとり旅の旅行者が占めている理由かもしれません」としている。

同社はIT技術を通じて、ユーザー・エクスペリエンスはもちろん、パートナー施設のエクスペリエンスも向上させていきたいと考えている。効率的に予約数・売り上げを伸ばしていけるよう、煩雑な業務の簡素化や、各施設固有のユニークなセールスポイントとユーザーとのマッチングなど、デジタルな側面からのソリューション提供に努めるとしている。

またリアルタイム・テクノロジーが人々、特にミレニアル世代や尽くし世代の消費性向上に大きな影響を与える昨今、モバイル端末向けのプロダクトやツールの改善に一層注力し、提携ホステルの方々のニーズにより合った機能の提供を目指すという。Booking.comでは、すべての宿泊予約のうち50%以上がモバイル端末から行われており、ホステルの予約に関してはこれを上回るペースとなっている。

Booking.comのオセアニア・北アジア地区統括リージョナル・ディレクターのアダム・ブラウンステイン氏は、この度の調査について次のように述べている。

「ホステル業界は、『バックパッカーが泊まるための二段ベッド』から様々な方向に大きな進化を遂げており、私たちは世界中の旅行者にとってホステルがさらに身近なものになるよう努力を続けています。2019年の現時点では、日本のホステルをもっとも多く予約しているのは日本各地・台湾・中国・韓国・フランスからの旅行者で、国内旅行・国外旅行それぞれでホステルへの需要が見えてきます。今後も世界各地の提携ホステルが、そのユニークな特長でゲストを呼び込むお手伝いができることを楽しみにしています。」

同社が2019年1月に発表した調査結果によると、2019年の旅行者の傾向として“人とは違う体験”を求めていることが分かっている。「2019年に少なくとも1回は城やツリーハウスなど、従来のホテルとは異なる宿タイプに泊まる予定」の旅行者は世界で37%、日本で23%に上り、ホテル以外の宿泊施設が人気だ。加えて、旅行者の半数近くは、ホテル以外のタイプの宿に泊まることによって「通常の旅行では訪れないような場所にまで足を運べると感じている」ことも分かっている。

近年日本で開業が相次いでいるホステルは、世界各国からの旅行者と交流できる場を設けていたり、アートを展示していたり、その土地の食や文化を楽しめるなど多様な滞在ができる場となっている。また、日本のホステルをもっとも多く予約している旅行者に日本各地からの旅行者が含まれており、普通のホテルとは違ったユニークな体験が求められていることがうかがえる。“ただ寝泊りするだけでない滞在”ができるホステルの人気はまだまだ続きそうだ。

【参照記事】
・『バックパッカーが泊まるための二段ベッド』だけじゃない!Booking.comがホステル業界の最新トレンドを紐解く
・ブッキング・ドットコム、2020年旅行トレンド予想を発表!
・2019年は一軒家やツリーハウスが人気!?ブッキング・ドットコムがホテル以外の宿泊施設の魅力を独自分析!世界的調査結果を発表!

(HOTELIER 編集部)


ホテル関連のオススメしたいサービス

電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。

ホテルの無人化を実現...

手間や労力を約1/3に軽減できるIoTサービス

「あんしんステイIoT」

詳細を見る

新時代のウイルス対策

コロナ対策で光触媒!
先着100名様限定!
¨ホテリエみた¨で5%off
「ウイルス侍」

詳細を見る

ホテル運用代行をお探しの方

全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。
ホテル・旅館の運営代行なら
「オックスコンサルティング」

詳細を見る


あなたにオススメ

記事をもっと見る